So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

生駒ちゃんの卒業 [アイドル]

今回はアイドルネタなので、
嫌いな方は読まないように(^_^)/



入院している間に生駒の卒業を知り、
自分の中での乃木坂も終わったなと感じました。
乃木坂で推しているのが生駒だけでしたから。

最初からずっと生駒が好きでしたが、
求められているカタチと生駒自身の理想のギャップに、
いつももどかしさを感じていました。
このブログでも何度か書きましたっけね。

私が思うに、生駒は大人から、
今の平手のカタチを求められていたんだと思います。
平手も〝現代の山口百恵〟というレッテルを貼られているし。
おじさんたちはどうしても百恵ちゃんが忘れられないんでしょう。
気持ちは判らなくはないけれど、
生駒は平手以上に我の強い〝男の子になりたい女の子〟だったと思います。

生駒は非常にきれいな少女だったけれど、
その短い少女期を反抗期で終えてしまいました。
可愛いさや女子っぽさ、フリルやレースに髪飾り、
ファンの男性たちがアイドルに求めるカタチを
生駒は激しく拒絶していました。
聞いた話では、握手会でそのことを忠告されたため、
更に反発が強くなったらしい。
そのままの自分を好きでいて欲しい、
そっちの〝好き〟を押しつけないで、という生駒の態度は、
〝お人形〟でなければならないセンターであったために余計疎まれていました。
乃木坂のファン層はAKBのそれより優しくありませんでした。
総選挙がないせいでしょう。
総選挙は残酷ショーではありますが、
それがゆえにファンと推しは苦しみを共感できます。
推されて当然という態度や、
苦しみが目に見えない娘は、わかりやすく嫌われます。
生駒は苦しみが目に見えていたため、
AKB在籍中、総選挙に参加した際、
14位に入ってシングル選抜に参加したほど。
私はずっと、乃木坂での生駒の扱いに納得がいかなかったので、
このままAKBに残って欲しいとさえ思っていました。
でも生駒自身の乃木坂愛は、自分の苦痛を越えるものでしたね…。

生駒がセンターから外れた結果として、
乃木坂は握手会特化アイドルとなり、
接触時の対応が人気の分かれ目となりましたっけ。
キャバクラと同じ方式、
それが悪いとは言わないけれど、
私は乃木坂を見続けることはできなくなりましたね。
松村がやらかしたのも、
握手の売り上げや、エライ人の援助が、
選抜への大きな近道になってからでしたし…。

そうなってからの乃木坂は、
楽曲以外注目していなかったので、
実際どうなったのか、私はよく知りません。
ただ、アイドル誌の代わりに可愛らしい女性誌が、
露出を求めない乃木坂のファン層を集客しました。
グラビアで水着になってもらうより、
ポップで可愛らしいユメカワの世界観を表現してもらうことを、
乃木坂のファン層は好んだんですね。
結果として女性が嫌うスタイルの悪いアイドルが
モデル陣営を侵してしまい、
女性をターゲットとしつつ、
アイドルをモデル起用した崖っぷち女性誌は
いくつか休刊の憂き目をみたようです。

Pの興味が乃木坂に移り、愛着が続いた期間は短く、
欅坂が登場すると、その寵愛はあからさまに平手一択になりました。
乃木坂のアイドルたちはいつの間にか大人になっていました。
幼かった生駒でさえ、成人式を迎え、
あれほど厭がっていた女子らしい服装をするようになり、
少女でなく女性になったと感じさせられました。

平手の登場によって、AKBの珠理奈や咲良は、
更に気の毒な状況になりました。
あまりにも激烈に寵愛が移動したため、
それぞれのグループの楽曲も駄曲が回されるようになり、
MVは〝景色×アイドル×ダンス〟の繰り返しばかりになりました。
選挙曲ですら記憶に残らない楽曲が提供されたのには、
もはや終焉さえ通り越したと感じたものです。
(こうして考えてもタイトルさえ思い出せない。
みーおんセンターの、クソみたいな歌でしたね)
そんなAKBの背後で、
欅坂の楽曲は、いわゆるA面シングルに限らず、
ゾッとするほどの良曲が多い。




『エキセントリック』
1st Album「真っ白なものは汚したくなる」内
コレとか(-_-;)
ものすごくないですか?
もちろん『不協和音』とか『サイレント・マジョリティー』とか凄いけど、
欅坂はピアノ曲が総じて素晴らしいけど、
ちょっとコレは、吐きそうになりそうな本気曲ですよね('_')
P本気だしすぎ。
『大人は信じてくれない』も直球勝負ですごかったですが、
あれも『二人セゾン』がメインで添えた曲だったし('_')



『避雷針』

そんでもってコレですよ_/>O
『風に吹かれても』がメインで、こっちは添え曲ですよ。
完全なる平手を昇華させた当て書きの詩で、
おじさんの本気に血が熱くなっちゃいましたよ。
歌詞の大半が、ラジオでの対談で語ってたことですし(-_-;)
すべて、平手がいなければ成り立たないというのが、
欅坂の弱点ですが。

何が言いたいかって、つまり、
大人は生駒をこうしたかったんだと思うんですよ。
ぶっ壊して、美しくも破滅的なカリスマアイドルに。
平手だって最初は普通の女子だったのが、
みるみるこんなんなっちゃいましたからね。
生駒は周りの声に耳を貸さない強靱な少女だったってことです。

乃木坂は、『ガールズルール』から、
それはそれでいいんだろう、
って方向にシフトチェンジして、
西野にセンターをさせたことで完全に生駒カラーを切り捨てたけど、
その色は今、平手が確かに純粋に継いでいると、
私は勝手に思うんですよ。
だから生駒は、なくした少女期の夢をみなくてもいい、
これからはもっと自分勝手に、生きたいように生きて欲しい、
というのが、おばさんの願いです。

生駒ちゃん、卒業おめでとう。


『IT』と『スプリット』を観ました。 [映画]

     
『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』

評判通り面白かったです。
ただ評判通り、なんで変な副題をつけたのかは謎でした。
内容を判りやすくしているわけでもないし、
怖さがふくらんでいるわけでもないし('_')???
副題ナシで、観客が『このバケモノ、どういう奴だろう?』
と感じても、それでいい映画だと思うんですが。

子供たちがみんな可愛く、
特にジョージーの可愛さには胸が痛みました(T-T)
ホラーとしては、大人を震えさせるものではないですが、
子供は充分に怖いだろうなと思いました。
和製ホラーがそうであるように、
今作の世界観もアメリカのよくある原風景なんでしょう。
『あるある、こういう廃屋』
とか、そう感じながら身近な恐怖を覚える作品だと思います。
日本人には怖いというより、
〝よく出来てんなぁ〟
と感心してしまう点がたくさんなのではないかな。

個人的には何度もテレビ版を鑑賞しているんですが、
そちらも怖いというよりは〝よく出来てんなぁ〟と感じます。
これは恐怖表現がではなくて、
やはり『スタンド・バイ・ミー』から連綿と続く、
キングさんの生々しい人間の心の描き方、という意味での話。
あまり評判はよくないですが、
私は『ドリーム・キャッチャー』も好きです。
たとえどんな強敵(イジメっ子や敵対宇宙人や怪物や)がいたとしても、
友達がいてくれたら大丈夫という。
なんか、そういうのって憧れですよね。

惜しむらくは、子供たちの恐怖体験、
つまるところペニー・ワイズを丁寧に入念に描きすぎたため、
途中から、せっかくの重要シーンも冗長に感じてしまう点です。
特に井戸を見つけて突入する頃には、
子供たちの悲鳴にかなり疲れていました。
すごくよく描かれていて、演技も素晴らしかっただけに残念。
よく描けているからこそ、
製作側が切りたくないだけで長くなった、というのは、
わたしの中ではマイナスポイントです。

この作品が更に27年後の決戦編に向かうのは、
すでに知っているので、
そちらは大人向けに演出されるのか、
ちょっと楽しみです。

恐怖体験を求めるより、
最先端映像と演出の融合に浸るのが大人の見方かと思います。
話が面白いのは言わずもがな。
どの程度だろうとホラーは苦手、
という人以外にはオススメのA級作品です。


     
『スプリット』

公開後、良い意味でも悪い意味でも全然話題にならなかったから、
あかんのやろなぁ~と思いながら観たら、
案の定、あかんかった作品(^^;;

もともとシャラマン監督の作品には好き嫌いが多くて、
わたしは『シックスセンス』つまらん、『ヴィレッジ』面白い派です。
少数派ですね(笑)

しかしこの作品はどちらとしても身を引いちゃう感じかと思います。
オチが2000年の『アンブレイカブル』に引き継がれていますが、
今作と繋げて作らなかったら、
結局は書き殴りの同人誌みたいになってしまいそうです。

シャラマン監督一人で『アベンジャーズ』を作りたがっている、
そんな感じの作品になっていました。
だからサイコっぽい宣伝の仕方や、方向性はまったく嘘つきでズルイ。
『アンブレイカブル』の時もそれで怒られてたのに、
またやるんだから懲りないなぁ。

『アンブレイカブル』は面白かったけれど、
今作はちょっと、というか、かなりつまらないです。
というのも、宣伝でもバンバン出してきた
多重人格という設定が、無意味だからです。
本当に意味が無い。
普通に精神病患者を複数出せばいいだけで、
(それで全員同じ妄想に取り憑かれていればいい)
マカボイの演技力の無駄遣い(-_-;)

『アンブレイカブル』を面白いと思った人に、
少しだけオススメかなぁ。
あとの人はたぶん見終わったら怒っちゃいそうな映画でした。
……てゆーか、つまんなくて観るのやめちゃうかも(^_^;)




共通テーマ:映画

『オリエント急行殺人事件』と『キングスマン ゴールデンサークル』を観ました。 [映画]

     

『オリエント急行殺人事件』

旧作もテレビ版も観ているし、
原作も読了している傑作ミステリー。

うーん、でも今作はギリアムがお金のためにテキトーに作ったみたいなのと同じで、
力のいれどころが違うように感じました。
原作自体がミステリーの教科書的作品なのに、
この映画を観ても、とりあえず〝謎解き〟という醍醐味が感じられません。

ミステリーなので、犯人がわかっていて観る、
というのは、他の、ネタバレを知りつつ観る、
というのともちょっと違う気もしますが。
とりあえず、その解答部分が判りにくい。
登場キャラが多いので、初見の人には意味不明のキャラが半分くらいいたのでは。
へたしたらもっとかも。
作ってる側も、『どうせ観る人、ネタ知ってるんでしょう?』
とか思いながら作ったのかなぁ。
初見のつもりで観ると、もともとかぶりキャラが多いので、
(家庭教師と乳母とか、妹が貴族とか祖母も貴族とか、親戚の男とメイドの恋人の警官とか)
誰がどの役回りだったか、原作知らない人にはわからないまま話が進むのでは?

特に、実際の犯行が行われた夜のゴタゴタは、
なぜそんなことをしたのか、
どうしてそうなったのか、
あまりに説明不足で適当すぎる気がしました。
それぞれの過去の事件の語りが弱いので、同情要素が薄れています。
過去に同情するからこそ、
現代の事件の××もやむなしという結末が待っているのに。
〝あのポアロがオリエント急行を降りる!〟
という、ただ一点を推すには、
アクションも貧相すぎましたね(-_-;)

個人的には、テレビ版の方がまだよくできていたし、
エンディングも良かったと思います。
今作は名作である原作に甘え過ぎている気がしました。
あと、ジョニデとかお芝居に手抜きすぎ_(._.)
扮装だけ凝られても、わたしはちょっと、イマイチと感じてしまいました。

お金を払って観るなら旧作の方がいいと思います。
俳優さんのファンとか以外は、
ミステリーファンにも面白みが薄い作品でした。


     

『キングスマン ゴールデンサークル』

期待して観るのではなかった続編 _/>O
いわゆる俳優ファンのための映画になっていて、
物語そのものの表現は微妙になってしまっていました。
同じショットが何度も出てきて
(たとえばポピーランドの入り口から奥へのカットとか、
ハリーの入院個室とか)
制作費の少なさゆえというより、前作と違い、
アイディアと情熱の欠落を思わせられました。
ポピーランドでのアクションが、
前作の教会での狂気のアクションに相対するのだろうけれど、
まったく及びもつかなくなっていたのも、嘆くしかない。
前作もPG12だったと思うんですが、
流れるようだった対人アクションが、〝普通〟クラスになっていてガッカリ。
作らない方がよかった続編なのかもしれません……。

三作目が作られたら、きっと観てしまうのだろうけれど、
一作目から合わなかった人は、
『アベンジャーズ』同様、俳優に興味がなければもう観ないでしょう。
一定のクオリティはマークしているので、
俳優陣に好きな人がいるファンなら、オススメです。



共通テーマ:映画

退院しました(^_^)/ [生活]

冬から春まで入院してしまいました(^^;;
いろいろありましたが、
とりあえず無事です。
体に関しては、これまで通り、
ゆっくりと無理せず生きていきたいと思います。

pixivへの反応ありがとうございますm(__)m
とても嬉しいです(/_;)
新しくものを書くには、今の私はあまりに弱々しいのですが、
そのうち青波と鼓の話などupできたらと思います。
これからもよろしくお願いします。

「鼓の妄想」upしました(^_^)/ [情報]

     鼓の妄想.jpg
『鼓の妄想』
pixivにて無料で読めます→https://pixiv.me/nyoerun

ナンバリングつけるの忘れちゃいました(^^;;
時系列相変わらずです。
一応、青波が35歳らしいですよ。
仕事で韓国滞在中の鼓の妄想なので、
鼓とはヤッていません。

以下、少し話の流れをネタバレします。





続きを読む


前の5件 | -