So-net無料ブログ作成
検索選択

PS3「メルルのアトリエ」を周回プレイしている件 [ゲーム]

     

PSvitaを持っていないので、
PS3版の「メルルのアトリエ」を安価で購入しました。
「アトリエ」シリーズは初プレイです(*´ -`)
ずっと興味はあったんですが、
なんとなく二の足を踏んでました。
「バイオハザード・リベレーションズ2」の殺伐とした空気感に疲弊し、
ニコニコ超会議も終わったタイミングで、
晴れ晴れとしたゲームがやりたい、
と思っていたら、
3DSで「ロロナのアトリエplus」という作品が発売されるとのこと。
CMを見ていたらムズムズとやりたくなって予約。
しかし発売が六月なのでいても立ってもいられず、
とりあえずこの関連で新しく、且つ安くなっている「メルル」を買いました。

面白いとか、面白くないとか、
ちょっと言いにくいゲームでした(笑)
いわゆるベルコン・ゲームで、
アイテム収集→アイテム調合→課題クリア→(左に戻ってループ)
この繰り返しです。
アイテムを集めるのがだんだん難しくなり、
調合が難しくなり、
課題が難しくなり、
そうやって〝期限〟までひたすら進むゲームでした。

この〝期限〟ってやつがクセモノでして…。

わたしは期限付きのゲームってのが大嫌いなんですが、
これはまさにその典型(ノд`)
一応女性がメインターゲットと思われるので、
敷居は比較的ノーマルに設定されているため、
なんにも考えずに進めていっても、バッドエンディングになったりはしませんでした。
しかし、一周目でわたしに与えられたのは〝凡庸エンド〟(笑)
結構がんばってたつもりだったんですが、ひどい(笑)

それで、本来周回プレイはしないんですが、
渋々と攻略サイトを確認しました。
すると、このゲームの本来の物語を解き明かすためには、
相当な根気と、チクチクした計算が必要なのだと発覚(ノд`)

ウンザリしつつ、一周目が意外にスピーディーに終了したので、
なんとなく二周目に突入。
持ち越せるのは〝装備していた武器と防具とアクセサリのみ〟という、
これも鬼畜仕様(ノд`)
苦労して集めたアイテムや、造り貯めた調合品などはパーです。
攻略本と首っ引きでプレイするチクチク効率プレイは性格的にできません。
〝なんとなく〟頭に入れた重要な要素は下の四つ。

★マップをウロつく時は日数に注意する。
★後半の攻略に向け、強力なアイテムではなく、
 超強力なアイテムを準備しておく。
★バトル中、メルルに順番が回ってくると時間が経過してしまう。
★採集すると時間が経過する。

こうして、なるべく日数を消化してしまわないように、
気をつかいながらもぬるいプレイをすること二周目…。
途中で一周目のイベント数を越えたものの、
どうしても
二周目では発生したイベントや課題のすべてをクリアすることは、
日数的に
無理だと判明 _/>O

なんなんだよ、この日数縛り _/>O
このせいですごく面白いゲームシステムなのに、
オススメしにくくなっちゃっています(ノд`)
『えんえんとやってていいけど、短期クリアのご褒美アリ』
という難易度設定にしたらいいのに、
どの人にも強制的に日数縛りがあるので、すごく微妙(*_*)

結局、三周目に突入(笑)
うーん、でも、四周はしないと思いますね。
さすがにこれ以上はきちんと計算しないとイベント回収は不可能だと思います。
わたしの場合、行けなかったダンジョンがあると、
〝もったいない〟と感じてしまうので、
それがなかったら二周目もしていなかったでしょうね…。
イベントとかは同じことの繰り返しなので、
二周目以降はスキップしてしまいますし。

とりあえずベルトコンベア方式でダラッとプレイできる点はオススメです。
また、岸田メル先生の可愛らしくもセクシーな少女たちや、
イケボのハンサムたちを従えられるという、
ウハウハなゲームであることも確かなので、この点もオススメです。
キャラたちの会話は平和で愛嬌があり、
ヒロインのメルルが大切に愛されていて幸福です。
PSvitaを持っていれば、「メルルのアトリエplus」の方を購入していたでしょう。
なんでもそちらは着替えができるシステムだとか(*´ -`)
いーなぁ。



トラックバック(0) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: