So-net無料ブログ作成

三回目からグルグル回り出すAKB48「ハロウィン・ナイト」 [アイドル]



『ハロウィン・ナイト』
えーと、最初に聴いたのはどの番組でだっけかな…。
その最初に聴いた時は、
「…やっちまった…」
感が拭えなかったんですけど、
二回目に聴いた時には気がつけばサビの部分をハミングしてて、
「これなんの曲だっけ…?」となり、
三回目になると、この曲だと意識して頭ん中でグルグル回り出しました。

「恋チュン」の時と同じく、スルメ曲だと思います。
聴くたびによくなるし、味が出る。
個人的には、AKB系の楽曲の中では好みではないですが、
指原はまた良い曲をもらえたと思います。
ヒットするかどうかは、神のみぞ知る、ですね~

近年でいうなら、
わたし的には圧倒的に『希望的リフレイン』がアイドル曲としてマストでした。
他にもHKT48の『12秒』と『控えめ I love you!』は、
アイドル曲としては本当に良かった。
乃木坂46の曲もとても良かったですが、
アイドル曲かと問われると違うし、
あの合唱団みたいな歌い方をなんとかしてくれないと…、
困ったモノです。
世間様は一度も聴いたりしなかったでしょうが、
AKB系列の楽曲は、本当にその系列としては素晴らしいんですよ(-_-;)

昔、わたしは、というか、今もですけど、
おニャン子クラブが大嫌いだったんですよ。
それはわたし自身がまだ中学生の思春期で、
秋元康の作る詩が死ぬほど下劣で気持ち悪かったのと、
明らかに彼女たちが気持ち悪かったからなんですね(笑)
実際、今になって当時の話を聞くだに、
「ああ、やっぱりわたしがキモッと感じてたのは間違いじゃなかった」
と、思いますし。

例)当時のメンバーの大半が、スタッフやスポンサーの男性を
「パパぁ」と呼んで甘えていたという国生ネキの証言。

秋元康自身が、当時の自分が若くて、いろいろ間違っていたと話してますし。
でも工藤静香が登場したあたりから、
しだいに詩はマトモなものになっていき、
グループそのものは下火になっていきました。
わたしはこの、下火になった頃の歌は好きです。

自分の好みと世間の大半の嗜好は相容れないので、
「ハロウィン・ナイト」がどうなるのかは微妙~
莉乃ちゃんのセンター曲なので、なんとか口ずさまれる曲になって欲しいけど、
季節感が丸出しなので、万能型でないのが残念です。

自分の好きなAKBシングル楽曲を書いてたらキリがなくなったので、
興味のある人だけ以下からどうぞ。






「制服が邪魔をする」
すみません、オトナの事情で公式がないのです。
(AKB48の楽曲所属レーベルが現在と異なるため)

わたしが初めてNHKで見て好きになったAKB48のえげつなさの代表曲。
さっき路地裏で犯されました、と言わんばかりの着崩れた制服衣装がキモです。
2006年に発表されたそうな…。
「会いたかった」より強烈なAKBの象徴曲だとわたしは思ってます。


「BINGO!」
わたしが可愛い作品を書くときには常にBGMの筆頭にしている曲。
曲も歌詞も最高に可愛い。
ちなみにこの頃からあっちゃんの全開笑顔が変わらないのがたまらない。


「大声ダイヤモンド」
センターが誰とか、わたしにとってまだどうでもいい頃の楽曲ですね~
松井珠理奈がもっとも輝いていた頃…。
なんであのまま成長しなかったのかしら…。
ちなみにまゆゆもこの当時がもっとも〝らしい〟まゆゆです。

この曲からAKB48の〝カタチ〟がハッキリして、
目指す方向が見えていきました。


「初日」
チームBの象徴曲であり、今ではAKB48内の新人たちの象徴曲です。
アイドルを目指す人でなくとも、
何か夢を追っている人や、かつて追ったことのある人なら共感できると思います。
歌詞は当時のチームBメンバーの逸話から書き起こされました。
ケガをしてレッスンに参加できなくなる、
などはまゆゆの逸話ですね。


「てもでもの涙」
柏木由紀がどういう人なのかよく判らないという人が多いと思います。
そういう人は一度で良いからこの歌を聴いて欲しいのです。
わたしはアイドルというものは根本的に人形だと思っています。
そういう意味で、わたしにとって実は王道アイドルって柏木由紀なのかもしれない。

ちなみに、できればこの曲は柏木由紀×佐伯美香バージョンで聴いて欲しい。
他のメンバーでの歌唱は意味が無い、と言えるほど、
この歌の世界観はこの二人で完結しています。


「夕日を見ているか?」
この系統(センチメンタル系)の楽曲の流れは乃木坂46にいってしまった気がします。
でも、AKB48の表現や歌唱の方が群を抜いていると思います。
(乃木坂も好きですよ。でも好きだから歌唱に関しては納得しがたい)
これはAKB48の大半の歌が、小嶋陽菜、高橋みなみ、峯岸みなみ、前田敦子、河西智美、
このへんの声に偏って編集されたことが大きいと思います。
とくに、こじはる、たかみな、まえあつ、の声は、
この三人でAKB48の歌になる、と言ってもいいくらい強調されていましたね~

この歌はAKB48のライブでは定番で、
前奏で誰が〝前フリ〟するのかもキモになっています。


「涙サプライズ」
お誕生日曲です。
ハッピーで可愛くて楽しい!
この曲はもっと知名度上がって欲しいんですけどね~
MVに出演している先生が伊藤英明なので、
今見ると突然ショットガンとか取り出しそうに見えます(by悪の教典)。


「言い訳Maybe」
AKBを知らない人でも、きっと知ってるチェックの〝あの衣装〟が登場した曲です。
AKBのAKB〝らしさ〟が爆発した曲。
MVの物語性も簡潔で曲調に合っているし、すべての調和が取れた名作。
これは総選挙後の順位に合わせた曲なので、
あっちゃんがセンターで、たった一人、袖付きジャケットを着ています。
そしてあっちゃん以外、このジャケットは今も誰も着ないのです。

ちなみに、今となってはあり得ないたかみなのリボンが非常になつかしい(笑)


「君のことが好きだから」
上記「言い訳」のカップリングで、アンダーガールズの曲でしたが、
リクエストアワーでその上の順位に入ったという、曰く付きの曲。
明確なアイドルポップで、
その後何年も、上へ行く(総選挙で)壁となり続ける高城亜紀の存在感を植え付けた曲です。

ちなみに今では博多弁に改変した歌詞でHKT48の定番曲となっています。
指原がこの曲でハネた、というのも大きな理由の一つかもしれません。


「Choose me !」
なんと2010年の楽曲です。
当時からすでに企画モノにばんばん着手していたことがわかるAKBです。
これはチームYJ(ヤングジャンプ)対チームPB(週間プレイボーイ)という、
2チームの対決企画でした。
ちなみにPBの曲はゆきりんセンターの『遠距離ポスター』です。
わたしは単純にこの曲がわたしの好きな〝AKBっぽい〟と思って好きです。
砂浜で裸足で、制服で踊る、という。
今みても見入ってしまうMVですね~
センターは今年NGT48のキャプテンとなった北原里英です。
チームにはさっしーもいますが、
当時のわたしは眼中になかったですね(笑)
この当時のチームYJ内での推しは完全に河西智美です。
茶髪に色っぽいホクロ、せつない表情にウットリ。
おにゃんこが嫌いとか言いながら、
大人になってからAKBを好きになった理由は
『制服が邪魔をする』から連綿と続く、えげつなさでしたね~(-_-;)


「Beginner」
わたしはこっちじゃないバージョンのMVが好きなんですが、
あっちは残酷映像でストップがかかっているので(^_^;)

この頃のAKBが一番凄かったイメージ。
とにかくたくさんCMに出させてもらっていたし、
ひかりTVに合わせてこの曲もたくさん流れたし、
お正月から年末まで、見ない日はない、
というくらいテレビに出続けていた記憶があります。
AKBの暗黒面、という感じの曲ですが、わたしは好きです。

「胡桃とダイアローグ」
チームAの楽曲です。
いい映像がなかったので、検索かけて曲聴いて欲しいです(^_^;)
チームAの全盛期の曲だと思います。
メンバーもスゴイですし、テーマも明確。
これもAKBの暗黒面ですが、わたしはやっぱり好き(笑)

えーと、
やりすぎって感じになってまいのましたので、
2011年以降は、また今度、ということで。
というか、ここまで見てくれた人がいましたら、
ホント、ありがとうございますm(__)m



トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。