So-net無料ブログ作成
検索選択

本家の「CSI」が終了 [ドラマ]

シーズン15にて終了(*´ -`)
ドラマとして、ジェリー・ブラッカイマーの名を不動のものにしましたが、
本家の最後はズルズルな感じで残念でした(T_T)
Dlifeでシーズン1から再放送していて、
いま4まで来たかな?
グリッソムが主任だった最高潮の頃ですね~
レディ・ヘザーの美しくミステリアスなこと(*´ -`)

いろいろと好きなエピソードはあるんですが、
改めて印象的なのはシーズン5の24,25、
タランティーノ脚本回ですね~
拉致られて生き埋めにされたニックの恐怖と、
息子同然に可愛がっているニックの危機に、
普段と違う激アツな捜査を進めたグリッソムが観られたのが記憶に残っています。

二代目の主役、ローレンス・フィッシュバーンの役どころは、
かなり無理矢理という気はしましたが、
三代目の主任、DBラッセルの代になり、
思えば二代目はまだ良かったのかと思ったものです。

ただ金髪美人役は総じて三代目、
モーガン・ブロディことエリザベス・ハーノイスが良かったです。
個人的にはモーガンとホッジスも結ばせて欲しかった。

ぶっちゃけ、同じエリザベスでも、
年増のジュリー・フィンレイは、
最後までどうでもいいキャラのまま終ってしまいました(・ω・)
性格設定もメチャクチャ奔放で、
(CSIシリーズではめずらしく、誰とでも寝るタイプの女性)
キャサリンと違うのは、お仕事もかなりいい加減というか、
DBが直感型のせいか、彼女も証拠より印象を優先させるという……
グリッソムがいたら即刻クビになっていそうなキャラでしたな~
結局、すげー可哀想な顛末で退場させられてましたが、
本国でも人気なかったんですかね~
米ドラマってそのあたりシビアに反映させますから…。

いや、まぁ、ジェリーも空気っちゃ空気でしたが、
DBも空気でしたよね~
メガネかけてる割に知的なタイプじゃなくて、
あまり証拠を精査している印象がなかったです。
〝家族大事に〟
という主義の割に、家族のことをなんにもわかっていないとか、
結局やっぱり仕事優先とか。
後半は脚本のせいか、かなりずさんなキャラ付けがされていたように思えます。

あとサラが戻ってきたのはいかにも不自然でしたねぇ。
物凄く仕事に嫌悪して辞めていったはずで、
それはグリッソムより激しい嫌悪だったと思うんですが、
普通に戻ってきちゃって、
しかも、ホントはものすっごい野心家のはずなんですよね、サラって。
なのに戻ってからのサラって、主任になりたいとか、
上昇志向を口にしなくなっていて、しかもその明確な説明がない。
わたしはグレッグといっしょに感染して云々のエピソードのあと、
グリッソムの元に帰ると思ったんですが、
もしくは電話するとか、連絡を取るとか、
そういうのもなく……まぁ、最後の最後でいっしょに旅立ったので良かったですが。
人生は思いがけない時に終ることもあるので、
恋愛に関してはうだうだしない方がいいと思いますね(*´ -`)

つらつら思い出すにつれ、
ウォリックは死ななくても良かったんじゃないかなぁと。
特別にエピソードを作ってあげなくても、
なんであそこで撃たれて死んで退場でなくてはならなかったのかなぁ(´Д`)
残念です。

思えばずいぶん長い間楽しませてもらったシリーズでした。
今、WOWOWではCSIサイバーが始まってますが、
CSIが始まった頃と比べると、やっぱりイマイチ感があります。
そもそもサイバー犯罪ものって、面白かった試しがないような……
(思い出に残っていて印象深いのは1983年の映画
「ウォー・ゲーム」です。あれは面白かった)
あと、思うに、CSI本家はラスベガスの夜チームの話だったので、
ネオンや夜の暗闇が美しかったり神秘的だったりしたんですよ。
ガラス仕切りや白衣がウロつくラボも、一番雰囲気が良かった。
サイバーはちょっと、明るすぎるし、
あと、この手のハッカーものの特徴として、
〝そもそも何をしているのかわからない〟
というね(笑)

本家への敬意は変わらず、
またうんと面白いドラマがやってくるといいなぁ(*´ -`)


トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

トラックバック 0