So-net無料ブログ作成
検索選択

Amazonプライムで『大組閣祭り』を視聴 [アイドル]

     
『AKB48グループ 大組閣祭り ~時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!~』
2014年春開催のグループイベント。
いまだに大まかには誰も得してないこの組閣。
本店、と呼ばれるAKB48、
その運営の傲慢さと強引さが生み出した凋落の第一歩。

アイドル、特にAKBに興味がない人は以下は読みませんように、
お願いしますm(__)m
かなり毒々しい感想です。


そもそもイベントそのものが、たった二年前とは思えないほど
すげーつまらない(笑)
改めて自分がHKT48の箱推しになっていて、
AKB48やSKE48、NMB48に関しては
かなりテンションが低いのを確認しました。
お金を払ってこのソフトを購入した人というのは、
相当にふところが豊かで、〝よいお客さん〟だと思います。
……オレは満足してる!という方には申し訳ありません。

ファンはよくAKB48を本店、ほかのグループを支店、
って言い方するんですけど、
最近は本店も支店もファンが混ざっていないので、
(もちろん〝身内〟という感覚はあるんでけど)
よそのグループと合同だと推し箱(グループのこと)以外邪魔に感じてしまうんですよね。
以前はむしろゴッタ煮感が良かったんですけど、
いかんせん、各グループ人数が多くなりすぎました。
また、神セブン時代が過去となり、
圧倒的な存在感やオーラで長時間の尺を引っ張れるキャラがいません。

握手売り上げを確保するためとはいえ、
とにかく雑魚人数が多すぎる。
その大半が、自分は雑魚だと認識していないので、
嫌われることを恐れてまったく個性を発揮しません。
実際、個性を発揮しない置物集団の乃木坂にヲタを持って行かれてる現状、
上品で無口な置物でいた方が得かもしれません。
握手のときに「わたしなんて…」とつぶやいて瞳を潤ませれば、
それでイチコロだそうですよ(^O^)

タイミング的に、いよいよわたしがグループで唯一嫌いだった
NMB48近藤里奈が卒業し、
良くも悪くもハッキリと、
『握手が嫌いだった』
と、宣言(笑)
『無になって握手した』
との弁も飛び出しました。
トト子ちゃんクラスのさらけ出し(笑)
いや、もう卒業したからね、いいよ、それで。
(スピーチ全文は、味のある若い子特有の、
なんというか、青春の後悔ときらめき、って感じで良い出来でした。
興味がある方は最後なので見てあげてください)
嫌いだったけど、ある種の才能はあったと思います。
ただ、アイドルではなかった。
そのチカラは自分のためじゃなくて、
ファンや他人のために使わなきゃダメだったのに。
キラキラパワーでどれだけ人が救われるか、アイドルはもっと知るべきだなぁ。
『ファンを悲しませた』
と、今は自覚のある彼女。
この先の人生に幸多からんことを。

……逸れました。

結局、無尽蔵に握手要員を増員したおかけで、
運営は育成を投げ、ツケは支店に回ってきてしまった。

この『大組閣』は、そのことを改めて認識させられるものでしたね。
たとえば、この大組閣では大半の、
『なんだかよくわからないけど兼任になったメンバー』
が、兼任解除になりました。
だけど一部の支店エースは奪われたまま。
(山本彩、松井珠理奈など)
特に〝うちの〟宮脇咲良が、
チームAと兼任になったわけですが、
このときの〝こっち〟の感覚では、
『おい、何考えてんだよ、取るなよ』
って感じだったんです。
もちろん本店は欲しくて咲良を取ったわけですが、
咲良の兼任発表直後に映った本店の若い子らの反応は、
『はぁ!? なにそれ』
ってムカッとした感じだったんですよね。
なんというか、運営の望む
『咲良が来てくれたら百人力!』
って感じではなかったわけです。

チームAというのは、48グループの全体を見回しても、
とりわけ特別な、
最初であり、一番であり、AKBそのものであるチームなんです。
前田敦子は卒業までAでしたし、高橋みなみもそうです。
もちろん個々のファンそれぞれにチームの特色や、
推しメンがいるからこそナンバーワン、というのはあるんですけど。
運営は特別に推す子や、育成する子は絶対にAに入れるので、
(各チームの初期メンはまたちょっと違うけど)
本店の若い子が、無意識にも、
『なんであの子が!?』
という表情を見せてしまったのは、
この兼任の意味するところを表していて、すごくわかりやすかったんですよ。

本店のファンからすれば、
支店で育成された有望株が突然兼任(移籍)してきて、
純本店のメンバーの枠を奪うわけだからたまったもんじゃありません。
支店にしても、
特にこの大組閣のときは、HKTは、将棋で言うところの、
成まで育てた香車を二つとも奪われた上、
(谷真里佳、中西千代梨)
飛車角を差し出さなくてはならない状況にまで追い詰められたんです。
(児玉遙、宮脇咲良)
さらに、谷と中西を放出した以上、
育成急務となった村重杏奈と田中菜津美まで兼任で差し出さなくてはならないという、
ボロボロ状態。
よその支店も主力となり得るメンバーを取られ、
暴動寸前くらいの有様でした~あのときは。
実はなぜかこの裏で木本花音ちゃんが兼任でHKTに来てくれたんですが、
お客さん以上の関係ができる前に兼任を解除されて
意味不明の人事感がupでしたよ。

もっと言ってしまえば、兼任でやってきたのが一人だけのHKTはまだマシで、
NMBとSKEは、取られただけでなく
本店の〝もてあまし株〟を大量に押しつけられてました。
当然のようにこの本店からの移籍メンが、
突然シングル選抜に入ってくるわけですから、
メンバーに罪がない分、どちらのグループも苦汁をなめてましたね…。

……そんな感覚を思い出しつつ、
二年後の今。
本店の若手は相変わらず(^_^;)
なんだろう…
痩せるだけで咲良とタメ張れそうな大和田は相変わらず肥ってるし、
毒舌と悪口の区別がつかない達家 真姫宝は危なっかしさに拍車がかかってる。
支店から見てて一番ギョッとするのは高橋朱里で、
彼女は途中経過がよくわからないまま、
なぜか超選抜みたいな立ち位置にいる('_')?
木崎ゆりあも同様だけど、
これは噂によると秋元さんの推しメンだからということらしい。

本店に完全移籍した木崎ゆりあ、小笠原茉由、中西千代梨に関しては、
わたしは成功例だとはどうしても思えない。
ただ本人にとっては支店のメンであるよりは将来的に有利とは思います。
まぁ、『巨人でした』っていう解説者みたいなもんで。

でもたとえば小笠原は将来関西寄りの仕事をするなら、
NMBメンの方が良かったような気がします。
中西も同様で、将来東京で生き残れるタレントになれるか…。
好きな二人なだけに心配です。
木崎に関してはわたしには良さが(アイドルとしての)判らないので、
良いと思う人がきっちりと推してあげないと、
運営の義務みたいな推し期間が終わってしまったら、卒業まで空気になりそうな気もします。

それにしてもこの大組閣……
ファンの間ではAKB十年史最大の失策との呼び声も高いですが、
運営はどう考えているんでしょう。
松井珠理奈が後足で砂を蹴るようにして兼任から逃れましたが、
人数が多すぎて凋落しているAKBに在籍する意味は
今後どんどんなくなりそうな気がします。
というか、とにかく本店運営人数もメンバー数も、減らさないとダメでしょう…。
売り上げを握手に頼りすぎて病みメンを増やすのもいい加減にして欲しい(>_<)

先日、リクエストアワー、というイベントがあったんですが、
この主MCを みゃお こと宮崎美穂がやったんですね。
わたしはみゃおが大好きで、
みゃおを立派な選抜に育てられなかったのは運営がアホだからと思ってるんですが、
(大事な時期に肥満を止められなかったから、本人にも責はありましょうが…)
それでもなんで今になってみゃお?
みゃおを今推すんだったら ちょり(中西千代梨)を返してよ(>_<)
というか、ちゃんとちょりも推してやってよ(>_<)
奪っておきながら育てないって、どんだけ最低なのさ(>_<)

最近、思い立つことといったら毒文句ばかり。
ここで吐き出してしまい申し訳ありません。
ちょっと推敲して、あまりにひどいとこは消そうと思います。
(消しました(笑))
引き続きグループを応援する気持ちはあるので、
どうぞアンチだと誤解はしないでくださいm(__)m


トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

トラックバック 0