So-net無料ブログ作成
検索選択

SPN二次小説『奥様は悪魔、旦那様は天使』upしました_/>O [情報]

奥旦.jpg
『奥様は悪魔、旦那様は天使』

pixiv→https://pixiv.me/nyoerun

すみません(T-T) すみません(T-T)
そんなつもりはなかったのに、突然SPNって……
自分でもびっくり_/>O
ホントにそんなつもりなかったんです。

だってSPNといえば兄弟のナニとして有名だし、
そもそも私が観ていたところまでだと、
「兄貴うるせー、弟とっぽい、親父うざい」
という(すみませんすみません)感想しか持ちませんでしたし(-_-;)
いや、今でもホント、なんなの……

それがなんやかんや、
「あのクォリティでS12まで続いてるの!? なにゆえ!?」
という疑念から、なにやら地味な天使がムニャムニャで……
とりあえず天使が出るとこまで観たような観てないような。

それで4を観てみると、いつかは忘れたけれど、一話は観ていたと判明。
今になって見直してやっと、
「あっ、コレ天使だったんだ!」
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
……馬鹿じゃないの、わたし……_/>O
理解力がない!

とにかくS3までが好みでなかったんですね。
イマドキ女子向けのバフィーか、みたいな。
(バフィー大好きです)
それで、なんとなくS3の後半から脚本が練られ始めている感じは受け取りつつ、
どうしてもハマらなかった。
S4の第一話『天使降臨』は、今では何度も見直すくらい、
すごくよく出来ていると思うし、いかにも現代天使らしい、
(『コンスタンティン』とか『レギオン』とか、わたしの大好きな系統)
驕慢と多次元感がバリバリなんですが、
当時は『またわけわかんない悪魔か』と思い込んで、
(ながら観をしていたのは明白)
それきり観なくなっていたんですねぇ……

ちゃんと天使だって理解してからは、
S4をしっかり観て、S5で止まらなくなって、
(今のところS5が一番好きです)
S9まで観るのにどんだけ時間かかると思ったら、
見終わっていました_/>O

それからキャスのエピソードを見直したり、
アホのようにガブリエルの悪戯ボックスの話をリピートしたり。
(S8「マンガチックヒーロー」で
ディーンが一トンハンマーをキャスに持ち上げさせるのも好き_/>O
S8はディーンが完全にキャスを〝俺の天使〟扱いしているので、
各所に腐人を釣る罠がしかけられているのが美味い)

まぁ、くわしくはまた後日として。

シリーズがまだ続いていて、キャスもディーンもこの手のドラマの特性として、
同じ苦悩を何度も何度も味わってるわけです。
裏切ったの裏切られたの、信じてるの元彼だの、特別な絆だの('_')
それでとにかく頭の中で第三者視点のつぶやきが、
天使ラジオのごとく夢の中まで追ってくる(T-T)
嘘世界でいいから幸福な二人が見たい、どうしても。
そう思ったら夢家族ができてしまってたわけです。
すみません、すみません。
もうほんと、こういうの自分が書くと思わなかったので、
いつか恥ずかしくなったら下ろすと思いますが。
それまでは同好の士だけでも読んでくださいm(__)m

ちなみにキャス×ディーンです。
(エッチないですが夫婦です)
わたしの中では、キャスがウィンチェスター家の嫁なんですね(^^;)
サムはいつまでも思春期の弟みたいなもので、
ディーンにとっては絶対的な存在だから、
ヒエラルキーではサムより上はいない。
死んだオヤッさんですら、〝死んだ〟ってことで完全に卒業しちゃってる。
この〝死んだまま〟ってのが、
ディーンにとっては結構どうでもよくなるポイントなんだと思うんですよ。
キャスは平気で三回くらい(たぶんこの先もずっと)生き返っていますからね。
ディーンが求める限り、(即ち視聴者が求める限り)キャスは絶対死なないのがすごい。
S6以降からサムもキャスとディーンの関係の上に成り立つキャラが完成して、
それが〝キャスは兄嫁〟化だと思うんです('_')
キャスはディーンの中でサムと並ぶくらい愛する人になったり、
クラウリーより下のクソムシになったりしてると思います。
でもディーンの中でそんなに乱高下する人って、キャスだけなんですよね。
サムとは喧嘩もするしモメるけど、絶対的な弟ポジがあって、
それは決して揺るがない。
キャスと会うまで、ディーンにはたぶんそれが愛だったと思うんです。
ベニーとすら、すぐに気が合って、好きになったら一直線でしたし。
サムのためにベニーとは別れていましたけど、
キャスとはもう、好きになったり嫌いになったり、
家族になったり憎んだり、酒に逃げたり自分をゴミ扱いしたり、
いやもう、S1の頃のただウルサイばかりの兄が嘘のよう。
瞳を潤ませてキャスの名前を呼ぶディーンは、
幸せにしてやりたい兄ナンバーワンだと思います。

今年に入って、次から次に洋画沼の罠にハマッて……
本当に自分でも溺れやすいと思うのです。
二次創作に関しては、一定量吐き出してしまうと落ち着くので。
どうか生ぬるく見守ってください。

『凍りつく花』も同時進行しています。
ちょいと遅れはしますが、書いていますので、大丈夫!


トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

トラックバック 0