So-net無料ブログ作成

レクウィル小説 『Imago』 up しました。 [ハンニバル]

     imago.jpg
『Imago~イマーゴ』
レクウィル小説ですが、いまんとこ博士が出てない、
という、ね_/>O
pixivにて読めます→http://pixiv.me/nyoerun

以下、少々ネタバレ有の解説。


続きを読む


トラックバック(0) 

感想を忘れていた『ジュラシック・ワールド』 [映画]

     
『ジュラシック・ワールド』
2015年公開作品。

確か『スター・ウォーズ~フォースの覚醒』の感想の時に書いたと思うんですが、
この作品も、基本的に〝古き良き時代〟を知る者を落胆させぬよう、
且つ、新規の皆さんにも入りやすく、
ものすごく頑張った良作になっていました。

吹き替え版がガンガン責められていますが、
この作品は俳優が何を喋ってても、意味は無い気がします(^_^;)
主役は恐竜だし、何回観ても、
ヴェロキラプトルとTレックスに「waao」って言えたら、それだけでいい作品では?
最近はワーキャー映画にヒューマンドラマを求める人が多くて、
評価が下がってしまうのは残念です。
ヒューマンドラマに重点を置きたい方は、
自分の嗜好を吟味して、もうちょっと別角度から映画を観ることをオススメします。
(もちろんヒューマンドラマ作品では、声優さんの演技や滑舌は重要でしょうとも)
あの主役が何言ってるか判らなくても、
ぜんぜん、ちっとも、お話は問題なく進むじゃないですか。
子供らの両親の離婚話と、パークで人間がパクパクごっくんされる話、
何も関係なかったでしょう?
最初からこの映画は元々の『ジュラシック・パーク』の精神を継承してると思いましたね(笑)
(原作にはきっちりとしたドラマがあるので、
気になる方は原作を読むことをオススメします。
素晴らしい小説ですよ)

元々の『ジュラシック・パーク』の凄さは、
あのテーマソングと共に、恐竜大好きっ子の教授が、
プラキオサウルスの群れと遭遇する、
あの感動を与えてくれたことです。
そして日が暮れると一変、
嵐が来てTレックスに追い回される恐怖。
更に一難去ったかと思ったら、
序盤で恐怖の伏線が張られたラプトルに屋内で追い回される恐怖。
かと思ったらラストは人間の浅はかさを嗤うような、
Tレックスの劇的な登場と咆哮。

当時原作を先に読んだ人は、みんな映画をこき下ろしましたが、
わたしは映画が先だったので、充分に感動しました。
すぐ原作を読み、確かに「なんて素晴らしい小説なんだ!」と感動しましたけど、
それでも映画のすばらしさは損なわれませんでした。
〝鳥かご〟の恐怖が描かれるのは3になってからですが、
こればかりは今回の『ジュラシック・ワールド』より、
『ジュラシック・パーク3』のプテラノドンのドームのシーンの方が怖いし面白いですよ。
ワールドのプテラノドンは、なんかすごく軽そうでしたね(^_^;)

メモに書いてあるのが、
あのCEOが登場して、かなりあっさりと死んだ理由ですね。
なんの暗喩なんでしょう?
別に意味なんてなかったのかなぁ。
だったら登場そのものがなくても良い気が(笑)
人間より恐竜に価値観を見いだしちゃってるヒロインは
『ディープ・ブルー』の女博士を彷彿とさせられました。
でもディープの方はきっちり自分でケツを拭かせるけど、
こっちは特にありませんでしたね~
むしろ自分の意見なんてなかったことになっていて、
そこらへんは、やっぱりこの作品のドラマ性の低さを露呈していたと思います。

個人的には、人間がパクパクされるのは相変わらず何も感じないんですが、
ラプトルが一匹ずつ始末されるのは泣いちゃいましたね。
人間のためにけなげに頑張る動物とかマシンを見ると、
人間が殺された方がはるかにマシ、と思えちゃうのが、
最近のわたしのクズ人間ぶりを表しています。

とりあえず、この手のワーキャー映画が好きな人は、
「どうせパクパクゴックンの映画でしょう?」
って思わず、
そのパクパクゴックンに徹した二時間ちょいを堪能することをオススメします。
流血シーンは特にないですし、グロ度はゼロに近いです。
『ジュラシック・パーク』のように、
映画の歴史に一ページを刻むような力はありませんが、
あのパワーをもう一度望もうとする姿勢は評価できます。
普通に二時楽しめます。
オススメです。


トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今日はヒュー・ダンシーの生誕(´д`) [ハンニバル]


大天使の地上降臨に感謝( ̄人 ̄)

ヒュちゃん(ここぞとばかりに仇名を使用するにわか)
おめでとうの日なので、
こういうハマり方は初めてのわたしとしては、
捧げ物として一本、
ちょろりと書いているのをupしようかとも思ったんですが、
今日はこらえる_/>O

ウィルの賛美だけでアホかってくらい長文を書いてしまうので、
ひとまとめにupしない方が読みやすいかと、
少しは知恵をつけました。
たぶん次は小出しにします_/>O

……結局やるんかい、という、ね。

以下、ただの萌え語なので、
興味のある方だけ読んでください。


続きを読む


トラックバック(0) 

指原莉乃が連覇して死なずに済んだが、寿命は縮んだ話 [アイドル]


以下、興味のない方にとって、
どーでもいー話が続きますので、
時間と興味のある方だけお読みくださいm(__)m



続きを読む


トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

pixivにて『I'm not interested in you.』upしました [ハンニバル]

kyom.jpg
『I'm not interested in you.』
(あなたに興味はない)
海外ドラマ『ハンニバル』のS3後妄想二次小説です。
pixivにて公開中。

描写など、いつも以上にマックスえげつないので気をつけてください。
あと日本人いません。
優しい世界観ではありません。
どっちかというと女性キャラをディスってます_/>O



以下、ちょっとしたネタバレ含むあれこれ。


続きを読む


トラックバック(0) 

なぜ今年のわたしが総選挙の話をしないのか [アイドル]

ssp.jpg

もちろん指原莉乃の連覇がかかっているので、
よろしくお願いしますm(__)m

でもなんで総選挙について去年みたいに騒がないのかと言われたら、
それはね、
『ハンニバル』にゲキハマリしたからじゃなくて、
総選挙曲がクソ曲だったからです。

ああ、言ってやるさ、
声を大にして言ってやるよ、
AKB48の『翼はいらない』はクソ曲です。

あんな曲をこれからも出すなら、
そんな曲のセンターになる意味はあるのか、はなはだ疑問です。
莉乃ちゃんを一位にしてあげたい。
でもそれは女王にしてあげたいだけで、
クソ曲の責任転嫁されるのは心の底から不本意です。

もうほんと、
なんなの? あの曲。
考えるだけで吐きそう。
アイドル曲でもないし、カッコ良くも可愛くもない。
MVもひどい。何もかもダサイ。
お金あるくせしてどうしてそうなの?
馬鹿なの? 死ぬの?
欅坂46で『サイレント・マジョリティー』をヒットさせておいて、
総選挙投票曲なんて、どうせクソでもみんな買うと思いやがって。
誰がなんと言おうと、あの曲はクソだし、
今後『ハートエレキ』や『心のプラカード』よりクソ扱いになるのは目に見えてる。
わたしはクソ曲をミリオンにのせて世間に揶揄されるのが一番つらいのです。
ヲタみんなツライと思います。
胸が痛いです。

というわけで、
わたしは今回CDを買いませんでした。
去年もタイプ違いを二枚くらいしか買いませんでしたが、
今年は一枚も買いませんでした。
(投票はモバイル票でできます)
DLも一生しないでしょうね。
いつ聴くんだよ、あのクソ曲を?
盆踊りの方がまだ需要があるよ。

……きたない言葉を使って参りましたが。
ここ数曲はもう、ほんと、AKB48の楽曲は購入意欲を起こさせるものはなく、
悲しいことに大好きなHKT48の久しぶりの新曲も、
成人式を迎えていないメンバーだらけのグループなのに、
テーマがプロポーズという…。
しかも『しぇからしか』みたいに良い意味ではじけているわけでもなく。

楽曲がクソなのにグループを応援するとか、
わたしの中ではありえない。
莉乃ちゃんが卒業したら、わたしの中の次世代はいないなぁ。
(HKTの娘たちは大好きだけども)
普通に好きな楽曲だけを追うドルヲタに戻りそう。
それってたぶんあっちゃん以前だから、十年ぶりとかだなぁ(笑)

そういうわけで、
今年は重要な年だというのに、
これ以上言いたいことが湧いてこないのです。
これでもし莉乃ちゃんが連覇逃したら、
わたし脱力して死ぬんじゃない?
死にたくないなぁ(笑)


トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

やらないと言ったのにやる恥ずかしい話 [情報]

ここ数日、息を吸っても染みる知覚過敏とか(虫歯かも…)、
更年期障害と思われるアレコレで軽くダウンしてました。
それでも毎日毎日、
『ハンニバル』のシーズン1の字幕版を観なおしたり、
YouTubeでワールドワイドな腐女子の皆さんの熱い動画を観たりはしてましたよ。
そうすると、煮える煮える(-_-;)
頭がグツグツ。

ぶっちゃけ、pixivで読めるレクウィルはあらかた漁りました。
小説もマンガも。
それほど数がないのと、一作が長くはないので、
一番ハマッた作家さんの新刊が読みたーて読みたーて_/>O

やんないって言ったのに……
やんないって言ったのに……
頭が煮え煮えになっちゃって(T-T)
ゴメンナサイ。
やっちゃいました。

『I'm not interested in you.』
(あなたに興味は無い)

ヒュー・ダンシーの誕生日が近づいていますが、
わたしはイベントには出られないので、
pixivのみです。
(基本、二次創作はno販売)
……全文書き終わっちゃったよ、おい。
二次とはいえ、普通の男同士のBLは何年ぶりでしょう?
しかも海外ドラマネタなんて初めてですよ。
髭受けも初めてですよ。
受も攻も外国人だし。
いろんなこと初めてなので優しくしてくださいね。
推敲終えたらupします。
ハンニバル用の別アカ作ろうかとも悩みましたが、
管理できる範囲にしときます。

複雑なキャラの背景があるので、
オリジナルとしては読めないと思います。
申し訳ありませんm(__)m
それでも読んでみたいという方には
久しぶりにオリジナルBLに近い感覚で愉しめるんじゃないかなと思います。
よろしくお願いします。


トラックバック(0) 

『ハンニバル』キャラ考察の三日目 [ハンニバル]

三日目も同じような内容ですよ。

それにしてもなんでも嗅ぎ取っちゃう博士は怖い(-_-;)
ifの多いドラマですけど、
もしフレディが生存していることを悟られなかったら、
実際のところどうなってたんでしょう?
ベデリアさんの言葉からすると、
(愛する者を殺させようとするはず、ってアレ)
博士は究極的にはウィルの手でアビゲイルを殺させるという目標があったみたいですが。
自分が妹を失ったように、ウィルにもアビゲイルを失って欲しかったんでしょうか。
いずれにしても、博士以外のすべてをなくしたウィルが欲しいんでしょうねぇ。

以下、ウィル・グレアムについて。
興味のある方だけお読みください。


続きを読む


トラックバック(0) 

昨日の続き。 [ハンニバル]

海外ドラマ『ハンニバル』の個人的なキャラ考察。
あくまでも個人的な感想なので要注意(・д・)

以下、興味のある方だけ読み進めてください。

続きを読む


トラックバック(0) 

カテゴリーに『ハンニバル』を追加した本気(・д・) [ハンニバル]

rw2.JPG


毎日この人たちのことを考えているので、
ブログの〝マイ・カテゴリー〟ってとこに『ハンニバル』を足しました。

以下、
普通にネタバレ有りのゴニョゴニョが続くので、
興味がある方だけ お読みください。

続きを読む


トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。