So-net無料ブログ作成
検索選択

ナニな映画、二連チャン『悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲』と『ダークハウス』 [映画]

     
『悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲』
2013年公開。

意外に評価が高いのが驚きッ(・д・)

ちょっと前に観たんですが、
確かにストーリーに破綻はないです。
それほど複雑なお話ではないけれど、
この手の作品は矛盾があって当然だったり、
ツッコミどころ満載だったりするので、
それを考えると、ちゃんとお話にはなっています。
あ、面白いかどうかは別ですよ。

しかしとにかくウルサイ!
レザーフェイスさん覚醒後は、
無限バッテリー(たぶん日本製)によって
えんえんと大音量でフルパワーを発揮するデカチェーンソーが唸りを上げます。
庶民宅では耐えられぬ大きさなので、
(というか、それこそ隣人にいらぬ恐怖を与えそう)
必死でボリュームダウンしましょう。

あまりゴアとかホラーな描写はなく、
どちらかというと、ちょっと変わったサスペンスリベンジものという感じですね。
その割には、カーニバルシーンなど丁寧に撮られていて、
誰一人死なないエキストラがわんさかと出てきました。
なんでこのシーンにこんなにお金をかけているのか、逆に理解できません(^_^;)
もしかしたら、最初はもっと、ターミネーターっぽくするつもりだったのかもしれませんね。
ヒロインが刑務所→いろいろ知る→逃走→最終兵器
この展開はターミネーターのまんまだし。

ホラーとか特に好きでないけれど、刺激が欲しい人にオススメです。
でも期待してはいけませんよ。
ナニなことには変わりませんので。


     
『ダークハウス
2015年公開作品。
『インシディアス』っぽいと思ったら、『インシディアス』の監督でした。

83分という短さなので、
ちょっとしたオバケ屋敷感覚で視聴するには最適です。
すごく怖いわけでもなく、面白くもなく、新機軸もないです。
ちょっとしたドッキリポイントがいくつか、それだけなので、
見所はここ! というのがナイのがもったいない。
あと、やはりホラーは男性か女性に一人くらい愛嬌のあるタイプが必須だと思うんですが、
それもいないのが、う~ん。
感情移入もできないし、
可哀想とか、腹が立つとか、そういう、
感情を揺さぶられるシーンが一つもありません。
一番の問題は、
キーパーソンが見るという悪夢の描写が、
最後の方までないことなんですね(-_-;)
これがないので、ラスト近くに悪夢が現実になる恐怖も薄味になってしまってます。

個人的にキツかったのは、
唐突にPOVになったりする画面です。
グルグルまわるので、単純に三半規管がヤられます。
また、最初の物理的なホラー体験(ナニかに引きずられる)後、
誰も逃げずに降霊会をやっちゃう全員の神経も、
ちょっと強引かと(-_-;)
そこはもっとマトモな人に反論して欲しかったなぁ。

ラストは陳腐ですが、
つじつまが合わないようなこともなく、
整然としすぎたホラーです。
パラノーマル系インシディアスドッキリホラーハウス、
って感じ。
普通にデートムービーとしてウフフするのがよろしいかと。
なんの知恵もひねっていない内容なので、
その点で期待してはいけません。
あくまでナニな映画でしたよ。


トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

あなたへのオススメ『Hannigram』を巡る日々 [ハンニバル]

     
わたし、ひげの生えた受を好きになるの初めてです。

でもこの人、ひげを全剃りしちゃうと、
中性的な美形なので、キャラと合わなくなるんですよね、確かに。

『Hannigram』というのは、ハンニバルとグレアムという、
主キャラ二人の名前を混ぜた造語で、
ワールドワイドな腐女子の皆様の共通言語です。
この単語で画像検索などすると、悲鳴を上げることになるので注意です。
最近のわたしはpixivやなんかでコレ関係を巡る日々。
6/19のMPという初めて知ったイベントも、
チョー優しいお友達に頼んで、何年かぶりで同人誌を購入する予定です(*^_^*)
愉しみすぎて吐きそう_/>O
二次の小説サークルさんを追うのは、
同人歴30年でマジで初めてです(笑)

実はこのドラマ、去年の秋にはシーズン3がスカパーで観られたらしいんですが、
そのときはここまで燃え上がっていなかったので、
「ストーリミングされたらでいいや」
なんてノンキに考えていました。
今はもう、ネタバレサイトを巡っては自分のうかつさに涙する日々。
なので、夏に出るブルーレイボックスは思い切って購入する覚悟を決めました。
絶対に何度も見返すだろうし、
後半までいっきに観られなかったら、それこそ悶絶しそうだからです。
ブルーレイなら、きっとどのシーンもすごく美しいだろうし…(´д`)
もしかしたら画像をここまで気にするのも初めてかも。

そんなわけで、
最近チラチラとtwitterをいじってます。
アレは放置と決めていたんですが、
大好きな映画ブロガーで、
すごく赤裸々なプライベートも微笑ましく切ないカミヤマさんに、
「ちはやふる、全巻買っても損しませんよ」
と言いたい為だけに、よく判らないツイートをしたのを皮切りに、
ハンニバル二次創作系の作家さんの情報をどーーーっしても知りたくて、
いい年してという羞恥を殺してフォロワーになる申請をしたり_/>O
そして何度も違う人にそれを送ってしまうミスをしたり_/>O
2009年に登録しているんですが、もともとゲーム実況者さんや、
それこそアイドル関連、セブンイレブンとか(笑)
好きなサントリーとか、ニュースとか、
ホントに読むだけだったので、いまだにフォローの仕組みとか、
リツイートの仕組みがよくわかりません。
でも最近はググ+が見るものなくなってきてしまって、
(指原とか、みんなtwitterに移行しちゃったので)
ググ+でやってたことは、twitterに移行しようかなぁと考えています。
やってたこと、って言っても、
気になる情報をピックアップしたり、
観たい映画をチェックしておいたり、
面白い記事に一言添えたりで、
自分発信の何かってナイんですが…。
気にしてくれる、という方は見に来てください。
にゃんこ先生のえるん@nyoerun というアカです。
わたし自身の情報は、変わらずこのブログが中心ですし、
どっちかと言ったらこっちをよろしくです(笑)



トラックバック(0) 

『ハンニバル』沼で自分の癖〝へき〟を改めて知る。 [ハンニバル]

これだけ長いこと海外ドラマなどを観てきて、
生まれてはじめてカップリングハマりしてしまいましたよ_/>O

もともと『クリミナル・マインド』のリードとか、
普通に好きではありましたけど。
あれはホッチも属性がナニで、
リードを犬的に扱えるスーパー攻様がいなかったから('_')

以下は別に『ハンニバル』の感想とかではなくて、
わたしの薄ぼんやりした覚え書きというか、
なんでこのドラマにハマッたんだろう?
という自分なりの検証みたいなものなので、
お暇な人だけ読んでください。


rw.JPG


★★★☆☆受にだけ寛容な攻が好き。
シチュエーションにもよりますけど、
他の人が同じ事やったらムカッとくるくせに、
受がやると降参して許す、という攻が好きです。

★★★☆☆粘着質な受が好き。
攻が失念したり忘れちゃったような些細なことを、
いつまでも根に持つネチネチした受が好きです。
その問題が根本的に自分のせいだとしても、
攻が悪いんだ、と無自覚に被害者になろうとする狡い受は可愛いですね。
ある日突然着火する爆弾のように、
破裂すると攻のハイパーなでなでタイムがないと収まらない、という(・д・)

★★★★☆ナルシストな攻とプライドが高すぎてグルグルしてる受が好き。
容姿も行動も生き方も、美学があって貫いている攻が好きです。
逆に受はプライドも自信も肥大しすぎるがゆえに、
他人の目にさらされることがガマンできずに自閉気味なくらいが好きです。
学園のイケてるグループにイジメられているとなおよし(笑)

★★★★★ 料理に凝る攻が好き。
人に押しつけるとか、人の料理にケチをつけるとかはもちろん論外だけど、
自分が〝美味しい(・д・)ッ〟て感じた料理をスマートに提供できる攻はステキだ。
たいていの場合、受は食べる一方であっていいけど、
流星群のようにまれに目玉焼きなどを焼いて攻を泣かせるのもくすぐられてしまいますね。

★★★★★ 女性を当て馬にする残酷な受が好き。
自分は嫉妬もしていないし、別に攻が何をしていようと気にしていません、
という風に強固に思い込んでいるものの、
実際には豆腐を投げて、攻を狙う女性のお高い服を大豆臭くしてやりたいほど嫉妬深い受が好きです。
あまりにも強すぎる嫉妬と独占欲のせいで狂気の行動に出て、
たとえば華やかなパーティにずぶ濡れの格好などで現れ、
美しいフォーマル攻様をあくまでも無自覚に連れ去ってしまうなど。

レ「どうしたんだい、ウィル、こんなにずぶ濡れで」
ウ「……はかせ……」
レ「ああ、いけないね、これでは風邪を引いてしまう」

とかなんとか言って震える体を抱きしめてお客そっちのけで去ってしまう妄想(・д・)
今日この日のためにドレスアップした女性が、
パートナーを連れて行かれてしまって大恥を掻く、という…、
これまで何度も何度も書いてきたシチュエーションですが、
やっぱり好きッ…(・д・)です。
これを意識的にやられるとただのジ○ベールなので、
無意識、無自覚、というのは重要です。

★★★★★ ピンクのシャツが似合う攻が好き。
これはもうデビュー当時から変わらない性癖ですね(笑)
シャツに限らず、ニットとかも着こなせる攻はたまりません。
青とか黒が似合うのは男なら当然なので、
暖色系や中性的な色味を着こなせるくらいの攻がいいんです。

★★★★★ ダサくて垢抜けない受の変身が好き。
ロマンスの根本ですよね(´д`)
誰の目にも留まっていなかった受が、
中身だけでなく外見もみるみる特別な存在になっていく、という。
こっちは攻とは逆に、いつも黒い服ばかりでカラスとイジメられている、とかね。
ウィルはいかにも垢抜けない、
わたしの目から見ても〝田舎者〟に見えるように暗いチェックのシャツなんか着てましたけど、
下着キレイに揃えられていたし、
きっと清潔さに関しては神経質なんでしょうね。
いずれウィルにフォーマルを着せる前提で、
わざとダサい格好をさせていたのは明白で、
ウィル役のヒュー・ダンシーさんって、バーバリーのモデル勤めてたくらい、
結局のところ美形なんですよね(´д`*)
……来歴とか見ると、
観たことのある作品にチラホラ出演していてギョッとします。

『ハンニバル』の続きについては。
S4があるとして、
(わたしの印象では、やはり例のS3ラストシーンは、
椅子の数からして、一つはウィル、一つは博士、で、足食べる、と)
ウィルはどっちに振り切れるのかなぁと。
また別れ別れから始まって、
ウィルも別人としてどっかの学校の先生とかしつつ、
なんかのタイミングで博士と行動するのか(犬のように呼ばれて)。
それとも、モンスターの花嫁らしく、
影のようにピッタリと博士に寄り添って生活しているのか。
わたしとしては、シレッと子供たちに勉強を教えながら、
モンペとかを惨殺する妄想で頭パンパンのウィルもイヤじゃないんですけど。
……ふぅ……

ここ数年、『ハンニバル』『サイコパス』『おそ松さん』と、
立て続けに愉しいお話が観られてハッピーです。
こういう年が続くのもまれですよね~
映画も『パシフィック・リム』『グランド・イリュージョン
『殺人の告白』『サプライズ』と、
わたしにとって人生に残る作品をここ数年で観ちゃいましたし。
階段の昇降とか、お昼にちょっと余計に食べたとか、
そういう程度で何日も寝込むようにはなってしまっていますが、
趣味の愉しみがあるのはまだ幸福だと思っています。
書く方はちょっとナメクジペースですが、
観る方はストリーミングとタブレットのおかげでガツガツです(笑)
皆様も萌えには忠実にね(^_^)/


トラックバック(0)