So-net無料ブログ作成
検索選択

『ハンニバル』沼で自分の癖〝へき〟を改めて知る。 [ハンニバル]

これだけ長いこと海外ドラマなどを観てきて、
生まれてはじめてカップリングハマりしてしまいましたよ_/>O

もともと『クリミナル・マインド』のリードとか、
普通に好きではありましたけど。
あれはホッチも属性がナニで、
リードを犬的に扱えるスーパー攻様がいなかったから('_')

以下は別に『ハンニバル』の感想とかではなくて、
わたしの薄ぼんやりした覚え書きというか、
なんでこのドラマにハマッたんだろう?
という自分なりの検証みたいなものなので、
お暇な人だけ読んでください。


rw.JPG


★★★☆☆受にだけ寛容な攻が好き。
シチュエーションにもよりますけど、
他の人が同じ事やったらムカッとくるくせに、
受がやると降参して許す、という攻が好きです。

★★★☆☆粘着質な受が好き。
攻が失念したり忘れちゃったような些細なことを、
いつまでも根に持つネチネチした受が好きです。
その問題が根本的に自分のせいだとしても、
攻が悪いんだ、と無自覚に被害者になろうとする狡い受は可愛いですね。
ある日突然着火する爆弾のように、
破裂すると攻のハイパーなでなでタイムがないと収まらない、という(・д・)

★★★★☆ナルシストな攻とプライドが高すぎてグルグルしてる受が好き。
容姿も行動も生き方も、美学があって貫いている攻が好きです。
逆に受はプライドも自信も肥大しすぎるがゆえに、
他人の目にさらされることがガマンできずに自閉気味なくらいが好きです。
学園のイケてるグループにイジメられているとなおよし(笑)

★★★★★ 料理に凝る攻が好き。
人に押しつけるとか、人の料理にケチをつけるとかはもちろん論外だけど、
自分が〝美味しい(・д・)ッ〟て感じた料理をスマートに提供できる攻はステキだ。
たいていの場合、受は食べる一方であっていいけど、
流星群のようにまれに目玉焼きなどを焼いて攻を泣かせるのもくすぐられてしまいますね。

★★★★★ 女性を当て馬にする残酷な受が好き。
自分は嫉妬もしていないし、別に攻が何をしていようと気にしていません、
という風に強固に思い込んでいるものの、
実際には豆腐を投げて、攻を狙う女性のお高い服を大豆臭くしてやりたいほど嫉妬深い受が好きです。
あまりにも強すぎる嫉妬と独占欲のせいで狂気の行動に出て、
たとえば華やかなパーティにずぶ濡れの格好などで現れ、
美しいフォーマル攻様をあくまでも無自覚に連れ去ってしまうなど。

レ「どうしたんだい、ウィル、こんなにずぶ濡れで」
ウ「……はかせ……」
レ「ああ、いけないね、これでは風邪を引いてしまう」

とかなんとか言って震える体を抱きしめてお客そっちのけで去ってしまう妄想(・д・)
今日この日のためにドレスアップした女性が、
パートナーを連れて行かれてしまって大恥を掻く、という…、
これまで何度も何度も書いてきたシチュエーションですが、
やっぱり好きッ…(・д・)です。
これを意識的にやられるとただのジ○ベールなので、
無意識、無自覚、というのは重要です。

★★★★★ ピンクのシャツが似合う攻が好き。
これはもうデビュー当時から変わらない性癖ですね(笑)
シャツに限らず、ニットとかも着こなせる攻はたまりません。
青とか黒が似合うのは男なら当然なので、
暖色系や中性的な色味を着こなせるくらいの攻がいいんです。

★★★★★ ダサくて垢抜けない受の変身が好き。
ロマンスの根本ですよね(´д`)
誰の目にも留まっていなかった受が、
中身だけでなく外見もみるみる特別な存在になっていく、という。
こっちは攻とは逆に、いつも黒い服ばかりでカラスとイジメられている、とかね。
ウィルはいかにも垢抜けない、
わたしの目から見ても〝田舎者〟に見えるように暗いチェックのシャツなんか着てましたけど、
下着キレイに揃えられていたし、
きっと清潔さに関しては神経質なんでしょうね。
いずれウィルにフォーマルを着せる前提で、
わざとダサい格好をさせていたのは明白で、
ウィル役のヒュー・ダンシーさんって、バーバリーのモデル勤めてたくらい、
結局のところ美形なんですよね(´д`*)
……来歴とか見ると、
観たことのある作品にチラホラ出演していてギョッとします。

『ハンニバル』の続きについては。
S4があるとして、
(わたしの印象では、やはり例のS3ラストシーンは、
椅子の数からして、一つはウィル、一つは博士、で、足食べる、と)
ウィルはどっちに振り切れるのかなぁと。
また別れ別れから始まって、
ウィルも別人としてどっかの学校の先生とかしつつ、
なんかのタイミングで博士と行動するのか(犬のように呼ばれて)。
それとも、モンスターの花嫁らしく、
影のようにピッタリと博士に寄り添って生活しているのか。
わたしとしては、シレッと子供たちに勉強を教えながら、
モンペとかを惨殺する妄想で頭パンパンのウィルもイヤじゃないんですけど。
……ふぅ……

ここ数年、『ハンニバル』『サイコパス』『おそ松さん』と、
立て続けに愉しいお話が観られてハッピーです。
こういう年が続くのもまれですよね~
映画も『パシフィック・リム』『グランド・イリュージョン
『殺人の告白』『サプライズ』と、
わたしにとって人生に残る作品をここ数年で観ちゃいましたし。
階段の昇降とか、お昼にちょっと余計に食べたとか、
そういう程度で何日も寝込むようにはなってしまっていますが、
趣味の愉しみがあるのはまだ幸福だと思っています。
書く方はちょっとナメクジペースですが、
観る方はストリーミングとタブレットのおかげでガツガツです(笑)
皆様も萌えには忠実にね(^_^)/


トラックバック(0)