So-net無料ブログ作成
検索選択

もう、限界かも…「信長協奏曲」(月9版) [ドラマ]


つらい…。

ここまで原作を無視するとは思わなかったですよ…。

     

原作を実写化する時、
「このシーンは無理があるなぁ」
という箇所を無理のないように変更するのは判りますけど…。
このドラマは最初から原作を無視することを決めて作ってますねぇ。
『テルマエ・ロマエ』『るろうに剣心』など、
原作を生かした実写があるだけに、残念でなりません。
……同時に『寄生獣』への底知れぬ不安……

とりあえず信長が未来からタイムスリップしてきた、
他にもタイムトラベラーがいる、
くらいしか原作と同じポイントはありません。
それで一番びっくりしたのは、
改変した部分がぜんッぜん面白くない!ことでした。
ドラマ版が大好きッ、て人には申し訳ありませんm(__)m
でもたぶん、そういう人は逆に原作は好きになれないだろうから、
イーブンということで、今回のいちじるしいマイナス批評はお許しください。

やはりですね、
信長=サブローの性格があまりに違いすぎる_/>O
違う、って言っても、エピソードが違うだけでしょ?
って思うかもしれませんけど、
ぜんッぜん違いますから。

信長=サブローの良さは、彼がまだ少年で、
あまり日本の現代教育を受けなかったおかげで、
自由気ままにのびのびと、健全に全国制覇を目指しちゃう点でした。
もちろん戦国時代なので、人の生死を目の当たりにするし、
度重なる裏切りに遭いながら、血の道をひた走ることになる。
でもそれを飲み込める度量のある子なんですよ。

ところがドラマ版の信長=サブローは、
「人の命は大事なんだよ」と主張して、
現代における人命重視、戦争反対の思想を持ち込みつつ、
でもやっぱり民衆のために立ち上がろう、
と方針変換して戦争を始めてしまう、フジ系ドラマのヒーローらしい〝普通の人〟なんです。
普通の人がカリスマを演じる、
という物語が最初からあったなら、それはそれでいいんですが、
この、〈サブローの性格を改変〉したことによって、
原作エピソードやキャラのすべてが変更を余儀なくされているのでした。

二番目に著しく改変されたキャラは帰蝶=信長の正妻です。
これは柴咲コウさんが演じていて、
もはや全くの別人です。
ある意味信長=サブローよりひどい(笑)
原作では信長ラブで、もちろん絶対に政治問題には口を挟まないし、
信長の身を常に案じ、側にいられたらハッピー、
という超癒し系魔性美人さんです。
それが、現代の〝普通の男〟となってしまった信長=サブロー
恋愛ドラマをしなくてはならないため、
柴咲コウさんがもう何度演じてるか判らない〝現代のツンデレ〟となってしまいました。
信長=サブローを「うつけ」と呼び、
キスもさせないし、当然「デート」に連れて行って欲しいとも言わない。
それどこが信コンの帰蝶だよ?

……疲れた。
(他にもいっぱい羅列するつもりでしたが、そもそも全員になりそうなのでやめました)

二人のキャラ改変だけでもどっと疲れるのに、
原作の面白いところはなく…
……キャラが違うので、面白かったエピソードもつまんなくなってしまっているんですね。
帰蝶がスプレーで賊を撃退するとことか、
犬千代たち個性的な家臣との出逢いとか、
教科書をみんなで探すとこなど。

先週は桶狭間の合戦でしたが、
これもなんでこんなに改変する必要があったのか意味不明。
原作で充分に面白かったのに、ものすごくつまんないエピソードにしたうえに、
まったく気の利かない桶狭間になっていて、
歴史フィクションを観る価値も感じられませんでした。

あの破天荒で怖いもの知らずの信長=サブローに、
みんなが魅了されていく原作が大好きなだけに、
ドラマ版はがっくりですわ…_/>O

原作とは違う別物だと思って観てても、
私にはあまりに合わないドラマでした。

今週のラストでホンモノの信長=光秀と再会してましたけど、
そもそも信長=光秀の性格も改変しているので、観る気が薄いです。
私は、信長=サブローに殉じている信長=光秀、好きなのになぁ。

……そーいや、これ映画にするんじゃなかったでしたっけ?
誰が観に行くのかなぁ……。


トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ドラマ「家族ゲーム」 本「悪の教典」 [ドラマ]


「家族ゲーム

久し振りに最初から最後まできっちりとドラマを観ました。
ラストの十話では、田子=吉元の「家族を再生させろ」のセリフで涙がポロリ。
ここまでボロボロに崩壊した家族がどうやって再生されるのか、
駆け足ではありましたが見応えはありました。
途中までは鬱エンドになるのではないかとハラハラしてましたが、
最後の最後でひとつまみの毒を残しただけで、
沼田家の再生に関してはコンプリートされて良かったです。
現実の世界では更に様々な問題が持ち上がるでしょうが、
少なくともドラマのラストはこれで良かったと思いました。

個人的には「それでも生きてゆく」ほどには問題作とは思いませんでした。
具体的な悪意が招く不幸を体現させるのには、
さすがにここまでの表現が限界なのかな、というぬるさは残念。
嵐の翔ちゃんが主役なので、若い娘さんが観たりする場合、
あれ以上のショッキング表現は不必要だとは思うので仕方ありません。
でも多少過激な暴力表現や、
新旧沼田家にもう少し生活感漂わせる必要はあった気がします。
「それでも生きてゆく」では、満島ひかりちゃんと風間俊介くんのシーンが始まると、
息が詰まって苦しくなるギリギリ感をずっと感じたものです。
特に、風間君の背中を駆けていってひかりちゃんがキックした時は、
たまりにたまった怒りや悲しみが爆発したのだと伝わって痛いほどでした。
ドラマ「それでも生きてゆく」をまだ観ていない方は、
ぜひ観てみてください。
「家族ゲーム」同様、面白いドラマ、というには語弊がありますが、
心に突き刺さるドラマであることは間違いありません。


「悪の教典」

図書館から延長して、四週間かけて読了しましたヾ(´∀`)ノ
いやぁ、読むのが遅くなったものです。
小学生の頃、夏休みは図書館に一日四回借りに自転車で駆け、
ジュブナイルとはいえ二十冊近くを読了したものですが、
(江戸川乱歩とか、コナン・ドイルとか、エーミールとか、
そうそう、ナンシー・ドルーとかも、ジュブナイルの棚を網羅したなぁ)
もはやそんな気力も体力もナシ。

貴志祐介先生の作品を読むのは本当に久し振りだったんですが、
相変わらず読みやすかったし、面白かったです。
ただ以前に読んだ本の中ではあまり好みではなかったです。
私的には、
1 天使の囀り
2 黒い家
3 ISORA
って感じで、「悪の教典」は「クリムゾンの迷宮」よりは読めるけど、
たぶんショッキングレベルとしては「クリムゾンの迷宮」と比べると、
大人向けと子供向けほども大差ある気がしました。
ホントに貴志先生の作品なのか? というほど、
グロ描写がない(笑)
先生が生徒を殺す、というテーマがグロいだけで、
描写は実にアッサリしていてドライでした。
たぶん、一般の人が読んで一番グロく感じるのが「天使の囀り」だと思います。
でも私はなんというか、ある種の救いに満ちた物語だったと思うんですよ。
グロ描写に耐性のある方はぜひ読んでみてください。

映画との違いはほとんどなく、
映画でははしょられている部分が多いけれど、
根本的には改変のない同系統の作品でした。
映画で私が活躍して欲しかったオカッパを筆頭とした学生たちは、
原作でも変わらず無能でした_/>O
特にオカッパの無能さは頭痛の種で…。
『嫌な予感がする』とか『気味が悪い』とか『怖い』とかいう、
ピカレスクヒーローであるハスミンを讃える表現者でしかなかったです(TдT)

私が好きだと言える作品群に関しましては、
ぬるいと言われようが甘いと言われようが、
ある種の〝こちら側の勝利〟で終わります。
でもこの作品ではえんえんとドツポにハマっていくサイコパスの思考形態が羅列され、
(頭がいい、天才、魅力的、と連呼されますが、それにしては犯行が行き当たりばったりで、
ドツボにハマる前にできることが山ほどありそうに見えました)
ラストの展開も、ハスミンがどれだけ〝悪〟かを強調するためだけのものなので、
オカッパたちが悪意に抵抗した痕跡が薄くスッキリしないのは、
原作も映画と同様でした。


トラックバック(0) 

最近のもろもろ [ドラマ]

お知らせを一つ。
pixivの方に「優しい悪魔」の新作upしました。
Hしかしてませんけどね。
pixiv → http://www.pixiv.net/member.php?id=1835603

レンタルDVDにやたらとCMが入っていて、
すごく面白そうと思って借りた海外ドラマ「TERRA NOVA/テラノバ」。
たぶん同じように惹かれて観た人も多いのでは?
資源は枯渇するは、空気は汚れるは、
ボロボロになった超未来の地球規模問題から逃れる為、
恐竜が闊歩する過去世界に移住しちゃう身勝手人類のお話です。
しかしお話がどうのこうのより、
どうやら海外ではシーズン1で打ち切られているとのこと(ノд`)
しかも謎解きとかないまま、
「続く…」って感じでバッサリ終わっちゃってるとのことで、
二巻目を観るのも気が重いです。

同じくCM入りまくりで借りた「THE KILLING」。
これはサイコサスペンス系の刑事物で、
せめて3話くらいで一つの事件を解決するものかと思っていたら、
なんと1シーズンまるまる13話使って一つ解決とのこと。
貸し出しはまだ行われていなくて、
とりあえずお試し版が「BONES」に入っていたので観たのですが(ノд`)
「水戸黄門」一話完結希望を切望していた視聴者同様、
私もいつどうなるか不明なので、続き物は勘弁して欲しいんですがね~。
思えば「LOST」もどこまで観たのか忘れたし、
「HEROS」もどこまで観たのか…。
続き物をタイムリーに追うのって苦手です。

今更感漂いますが、「24」がシーズン1からWOWOWで放映されて、
これはいいチャンスと、録画して観始めたのですが_/>O
これは私、ダメでした。
主人公の性格が好きになれなくて、続けて観ていられません。
なんですぐ興奮するの??? 銃ばっか頼るのヤメテください。
どいつもこいつも自分勝手、
話し合いでなんとかしようという文化的解決方法を忘れすぎてはいませんか?
それから、警察とか救急車とか、夫より頼れませんか? 奥さん。
とりあえずコレを毎週がんばって観ていた人は感心しちゃいます。
ものすごい根性。
私みたいな飽き性の面倒くさがりは、
とりあえず家帰ってみんな寝たら? と思うばかりでした。
落ち着きの足らない人ばかりな物語は疲れます。
よくあんな破天荒ドラマが圧倒的支持を受けたもんだなぁ。
時代なんですかね。

WOWOWではずっと観ているCSIマイアミが終わってしまいました。
残念(ノд`)
CSIラスベガス、マイアミ、NY、の三つのシリーズの中で、
マイアミが一番お金がかかっちゃうからだそうです。
テラノバの打ち切り理由もそうでしょうし、
私は観ていませんが、スターゲートシリーズとかも打ち切られているそうです。
アメリカのエンターテイメント市場も相当シビアになってますね(TдT)

今になって観ている、と言えば「アンフェア」です。
篠原涼子のね。
BSで再放送してます。
再放送なのに週にいっぺんというのがもったいぶってます。
たぶん「ストローベリーナイト」の菊田役で一部女子にプレイク中の
西島秀俊が出演している特需かと思われます。
「アンフェア」は物語としてはちっとも面白くありませんが、
空気感は悪くないので、一週間待っても特にハラハラもなく観ていられます。

その西島秀俊が出演している本命、
「ストローベリーナイト」は劇場版未見です。
たぶん劇場には行けませんねぇ。
音が凄そうだし、竹内結子は好きだけど、この女刑事のキャラは私は苦手なので。
あー、でも、ほんと、菊田はいいですよね(笑)
たぶんこの作品を観ている女子の八割は菊田目当てじゃないですか?
女のカバンを持たされていても絵になる男はそういません(笑)

「八重のさくら」にも西島秀俊、出てますね(*゚-゚)
綾瀬はるかが、まさに〝いま求められているヒロイン〟像を
ガッチリ受け止めて演じてて、私的には感じよいです。
〝反体制ヒロイン〟というのを見た目から判りやすく入ってる。
私はまだ3話までしか観てないんですが、
オダギリジョーさんがキテレツなカッコとか髪型とか
化粧とかしないで出てくることだけが懸案事項です。

一つお仕事が終わったので、本当は今週中に
AKBの映画第三弾を観に行きたかったんですが、
なんと、去年は上映してくれていた高崎駅近くの劇場ではかかっていない_/>O
観に行くだけで旅することになりそうなので、
今年はあきらめました(ノд`)
み、観たかったよぉ、うう。


トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

SPEC 最終回 [ドラマ]


ああ~とうとう終わってしまった。
面白かったけど、寂しいです。

以下まだ観てない人もいると思うので、続きからネタバレ有りです。

続きを読む



共通テーマ:テレビ

SPEC 庚の回 [ドラマ]

瀬文と当麻の関係が回を追うごとに兄妹化していいですね~。
瀬文が当麻の能力を把握して認めていくのが心温まります。
弱々しい表情を見せる瀬文もいいですね~。
雑魚刑事ズがちょいちょいイイ味出してて、たまりません。

あと数日で12月ですが、お仕事が終わりません_/>O
調子は悪くないんですが、ペースが落ちてて集中力が持ちません。
冬コミは「桜呪の館」か「DCC」予定だったんですが、無理ッス。
こういう時、さらっと2,30ページくらいの短編が書けたらいいんですが…。
書こうとすると死ぬほど長い設定ばかり浮かぶ。
そして忘れる。
馬鹿な私です・゚・(ノД`)

以下はシムズ3ネタ

続きを読む


SPEC 戌の回 [ドラマ]

     


すぐに感想書きたかったんですが、お腹イタイイタイで死んでました。
昨日は例のCTの結果&エコーの日でしたし。

とうとう当麻の左手の秘密が判明しましたね~
エンゲージリングのネタは泣きました。
地居君には絶対あきらめて欲しくないです。
みんな幸福になってほしいよ~
もしかして瀬文君は里中さんが残した家族を背負っていくんじゃ……なんてちょっと悪寒。

今期のドラマでタイムリーに観ている中には、他に石原さとみちゃんの
「霊能力者・小田霧響子の嘘」があります。
一話完結なので気軽に観れて楽しいです。
石原さとみちゃんは可愛いしお芝居もうまいし、観ていて安心。
マンガが原作だそうで、そっちは未読です。

やたら宣伝されていたので、「ストロベリー・ナイト」もタイムリーに観ました。
豪家俳優陣目白押しで、これも安心感たっぷり(笑)
お話は普通でした。
というか、原作が未読でわかんないんですが、
猟奇連続殺人と銘打たれているし、もの凄い数の殺人事件の割には、
けっこう淡泊な話でした。
まぁ、テレビドラマだからあんまり殺伐と描けないというのもあったんでしょうが。
「SPEC」がものすごくよくできた前衛的なドラマなだけに、
同じ所狙ってる割には、全体的にかなり普通だったかな~
犯人を追うところで各刑事が聞き込みしてるシーンなんかは、
「太陽に吠えろ」のテーマ流したらいいんじゃないかってくらい古臭い演出だし。
推理とかも別に関係ないので、ダラダラ観ちゃう感じでした。
一応、推理力のあるヒロインという設定なんだけど、推理じゃなくて思いつきなので、
ガンテツじゃなくても「はぁ?」ってなりそ(笑)
ヒロインのトラウマとかの方が主軸なのかってくらい、
しつこくしつこくしつこく過去のシーンが流されて、う~ん。
それこそ竹内結子ちゃんでなく、米倉涼子あたりが演じてたらゲボーッとなっていたかも。
(すみません、米倉さん好きじゃないもんで……)
ヒロインの部下の菊田君という刑事さんは、最初からキーマンみたいに描かれてる割に、
活躍がほとんどなくてガッカリでした。
もしかして原作では刑事物のシリーズなんですかね~。
女性が頭脳役ってのは萌えないんで読まないんですが、
ちょっと〝その後〟が気になります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

SPEC [ドラマ]

     


金曜日はタイムリーに観たいドラマ「SPEC」の日です(*゚-゚)
ノーマルなサスペンスとして観ようとするとビックリしてぶっ飛ぶので注意が必要。
超能力(ホンモノ)を扱ったミステリーなので、途中から観るとキッツイかもしれないです。
こういう世界観は、ダメな人は受け入れがたいと思うけど私は今のところ楽しんでます。
ただ最後の描き方によっては微妙になっちゃうかもしれないですね~

主演の戸田恵梨香ちゃんも加瀬亮君も好きだったので、違和感ないです。
特に戸田恵梨香ちゃんはキャラがイメージ通りですごく嬉しい。
加瀬君は丸刈りが美しいですね~。
あと神木君が凶悪に美しくていい。
当麻(戸田)との対決が早く観たいな。
自分としては意外だったのが城田優君でした。
あんまり好きなタイプの役者さんじゃなかったんですが、
この地居君という役はいいです。
今日は病院デーですが、帰宅後の楽しみはこのドラマです( ゚Д゚)ノ

共通テーマ:テレビ