So-net無料ブログ作成
検索選択

深まる沼の話 [雑談]

この沼の話はあまりおおっぴらにしない方が良いらしい。
それは いわゆる
「……お相手がいることですし……」
という暗黙の約束事が浸透しているから。

すべてがぼんや~とした薄布の向こうなので、
わたしとしては懸命に一枚ずつ剥いできたのだけれど、
そんなことしてたもんですから、
来た道がよく見えなくなる有様。

そんなわけで、なんの話がしたいのか、
以下に続きますので、とりあえず 
・洋画系 ・沼 ・腐 でピンときた方で、興味のある方だけ下を読んでください。
……要するにわたしの萌え話ダラダラです。
注・主に名称に伏せ字多です。

続きを読む


トラックバック(0) 

オメガバースによって『トワイライト』で謎だったニオイネタがやっと判った私 [雑談]

とりあえず→わたしの『トワイライト』シリーズの感想

もう四年も前の感想ですし、
そもそもこの映画が原作ありきだから、
原作から含めると、たぶん海外(特に英語圏?)では、
それこそ十年とかいう単位で発達してきたジャンルなのではないかと、
感心したのが ↓ 〝オメガバース〟という特殊ジャンル。
……非常にわかりやすい説明だったので、pixivからありがたく拝借しました。



わたしはたぶんもうBL作家ではないんですが(笑)
混沌とした創作の海に埋没していることだけは確かです。
なので、
「BL作家のくせにオメガバースを今まで知らなかったの?」
とか、根本的な無知については、どうかご容赦ください。

たまたまおそ松さんジャンルをpixivにて徘徊していた時、
この不思議なジャンルを見つけました。
〝オメガバース〟って、知っているのが当然のように使用されているけれど、
なんのことなんだろう???
と、さっそくググッたわたしは、
これがすでに一つの特別なジャンルとして確立していることを知りました。

オメガバースから『ハンニバル』の素敵な二次創作小説にたどり着いたことは置いておいて、
(わたしがpixivで小説を読むのは実は初めてと言ってよいのです)
というか、この小説で もの凄い重要な要素として描かれていたことによって、
〝ニオイ〟というフェチズムが昨今重要視されていることも知りました。

いや、どっちが先か年代まで調べる元気は今ないのですが、
いずれにしても、
わたしが『トワイライト』シリーズ(映画のみ)で意味不明だったいくつかの点が、
このジャンルの小説を読むことで霧が晴れるように明らかに!

生まれながらの性による特別な階級や能力であるとか、
性的な枠組みなど、
特に男性、女性同士が出産可能な世界観であるとか、
同性愛が半ば〝ノーマル〟として認知されつつある世界で、
禁断の、とか、禁じられた、とか、
背徳の、とか、運命の主従関係とか、
ふむふむ、要するにワールド(腐)女子萌えなんですね!?
……乙女ジャンルとか、
更に細密な組み分けは ここでは勘弁してください_/>O

『トワイライト』がオメガバースだってんじゃなくて、
世界的に流行した、ってことで、
思い出して、なるほどなーって思ったんですよ。
だからあの美白の人は、なんの取り柄もないあの娘をガン見してたんですね。
つがいになることで、あの娘からビッチ要素を取り除いたわけだ、ふむ。
いや、納得したからって、
別に感動したり、あの映画の価値が上がることはないですが(笑)

わたしはもう、いわゆる性差による闘争的なものに憤怒したりはないんですが、
(もちろん、許せる、っていうのではなくてね)
このオメガバースネタに激怒る方々がいるのにも、しごく納得。
逆にハマりまくる人がいるのにも、納得。
どっちがいい、悪いもないです。
おそ松が受か攻か、カラ松は一松のものかおそ松のものか、
カラ松はチョロ松とDV同棲するのか、
女の子は昔から本気で言い争ったものです(´д`)
いろいろ論争するのはいいと思います。

先日久しぶりに『将軍の娘』を観たんですが、
エリザベスの苦痛と苦悩に共感すると世界中を呪いそうになりますし。
(後日くわしく感想置きたいですが、上質なサスペンスであり、
男性社会に入り込んだ〝異物〟として、女性が壊される有様が悲劇でもあります)
女性が女性の立場について考えるのは素晴らしいことだと思います。
どんなことでも、他人にとってくだらないことでも、
考えないよりは考えた方が素晴らしいとわたしは思います。

ただ、個人的には、そこで感じる怒りが、、
自分だけのものであっては欲しくないのです。
隣人のために怒れる人は素晴らしい。
もちろん行き過ぎは論外ですが、
男性にも、女性にも、みんな優しい人であって欲しいなぁ。
私自身も、もちろんね。
……だから指原アンチには憤怒したくないのにっ、もうッッ

いろんな意見があってもっともだと思いますが、
基本的には愉しんだ者勝ちではないかなぁ。
少なくともコレに関しては〝ジャンル〟に過ぎないように思います。
出産に関してもね、パラレルの延長かな。
あまり神経質にカリカリくるほど、
作品は社会的な問題を最重要テーマには置いていないかと。
重要なテーマなのにセックススパイスにしかしていないこと、
そのものがイライラさせる原因なのかもしれませんが。
難しい問題ですね_/>O
やっぱり今の私には重すぎて、アレコレは言えないな。

まぁ、ちょっとモヤッとした部分はありつつ、
素敵な作品を見てしまうと、やっぱりウットリしてしまうわけで(^^;)
少なくとも私の好きなレクウィル小説に関しては、
自分では思い描けない世界観をカタチにしてもらっているのが嬉しいです。

なんとなーく、ここ数年の世界的な萌えの流行の意味がわかった気がした、
そんな春でした……('_')ノ


トラックバック(0) 

あけましておめでとうございます。 [雑談]

2015年もよろしくお願いします(^_^)ノ

BOOTHから新刊のお申し込みなど届いております。
入金確認後、来週中に発送予定です。

昨日はなんだか細々とググタスやインスタを更新してました。
セブンにおせちを取りに行ったら、
川にたくさんの鴨たちが…。
年越しは鴨南蛮です…。
早々にPCはシャットダウンしていたので、
タブレットとスマホにてインスタなどに写真をup。
Twitterはやらないったらやらない、というあまのじゃく(笑)

↑これに関しては理由がないではないです。
一番の理由は、いわゆるretweetが気になって落ち着かなくなる、
というアレになる心配が高いからです。

基本ずっと、「笑ってはいけない」を見てました。
(まだ全部みてません)
ここ数年、有名人を出しては苦笑しまくるダウンタウンを見るのがつらかったんで、
今回の原点回帰はすごくよかった(笑)
中条きよしと友近の小芝居とか笑ったな~
所長室の心の声とか、笑いすぎて苦しくなっちゃったよ。

あけて一月一日、今日はだらりと「イントゥザストーム」を鑑賞。
後日感想をupします。
面白かったです。
海外ドラマは「ハンニバル」をレンタル中。
いまだに「アメトーク五時間SP」全部観てません。

紅白は録画しつつ、巻き戻って確認などして。

毒まみれの紅白の感想は以下に……

続きを読む


トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

毎月定額も重なるとツライという話 [雑談]

タイトルまんまですけど。

あ、HKT48、紅白出場おめでとう(*゚-゚)b
AKB関係が死ぬ程キライな皆さまには、
毎度ご迷惑をおかけしますm(__)m
……皮肉じゃなく……

相変わらずdヒデオを楽しませてもらってんですが、
わたしの契約からすると、12月から有料になります。
月に500円ですから、ワンコインねヾ(´∀`)ノ
って感じですが、
振り返れば、わたしの映画視聴関連の月額料金はえげつないことになってまいりました。

WOWOW 2415円
TUTAYA-DISCAS 1865円

おやぁ?
WOWOWは、基本解約する気はゼロです。
海外ドラマを意外に観ますし、
知らなかった映画もチェックできるので、
月額料金としてはお高いですが、元は取っている気がしてます。

しかしディスカスは、いつの間にかプランが一つ上になってました。
もちろん勝手に変更されるわけないので、
なんらかの事情で自分で変えたんでしょう。
予想されるのは、定額レンタル8がもっと安かったキャンペーンとかに、
その気になって変更していたということです。
まぁ、こういう時の世の常で、
下げる時は大々的に宣伝するけど、
元に戻しますよ、とか、上げますよ、
って時は、割にシレッとやってくれますんでね(ノД`)

それにしても高い!
わたしがもっとガンガンに利用していたら、元を取っているでしょうが、
月に八枚以上は借りていません。
仕組みとしては、新作を含む八枚までが月々借り放題で、
八枚を越えると、あとは旧作だけしか〝その月〟はレンタルできなくなります。
翌月になれば、普通にまた月に八枚新作もOKになります。

うちの場合、借りてからうちに届くまででまず一日、
観て翌日に返すとして、投函して向こうに処理されるまで二日、
また届くまでに一日。
観て返して、観て返して、を作業的にこなせたとしても、
最端で四日かかるんですよね~
でもまぁ、すぐ観て、すぐ返す、ってできるのはそうはないので、
へたすると二週間以上、二枚を借りたまま過ごしちゃう、
なんてこともあるんですよ・゚・(ノД`)

これはさすがにもったいないので、
プランを戻すことにしました(*゚-゚)

dビデオは契約するんかーい!
と怒られちゃいそうですが、大好きな「ウレロ」シリーズが観られる限りは、
なんとなーく契約しちゃいそうです。

そうそう、docomoめ、セコイぞ、と、思うのは、
dビデオって、dアニメとは別なんですよ~(´Д`)
しかも、タブ×スマホの契約時のサービスにもつかないんです、アニメは!
ヲタの足元見られてる_/>O
月額300円なら考えたかもしれないけど、
アニメは意外に観ないので、早々にあきらめました。

月額課金、と言えば、モバイルメールも取ってまして…。
今までHKTの三人分を課金してましたが、
ぜいたくだな…と判断して、指原一人に絞りました。
まー、およそアイドル一人で月に300円です。

他にもね~
ワンコインだし(*゚-゚)ノ と払ってるものの中に、
ニコニコプレミアム会員費とかね(笑)
ニコ動もほぼ毎日、なんやかんや観てるので、
(イケナイとわかっていながら半日観てる時もあったりする…)
もったいないとは思わないんですけど。
ただ、最近、月額500円で別個に有料会員制のサービスもあったりで、
これはさすがに高いなぁ、と思って一つも課金してません。

ローンの罠もそうですけど、
月賦って、怖いな、と今更ながらしみじみ思う
ふところも寒い夕暮れでした(ノд`)


トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ちょっとした感慨(*´ -`) [雑談]

シモネタの部類に入るかもしれないので、
その手がイヤな人は読みませんようにm(__)m

↓ AV女優さんにまつわる個人的な雑感です。

続きを読む


トラックバック(0) 

小説版「アンダー・ザ・ドーム上」ネタバレ含 感想 [雑談]


     

やっと読了しました。
上巻だけだけど(笑)

長かった。
今年はずっとこの作品をチマチマ読んでた気がします。
気がついたら春になった感じ。

D-Lifeの吹き替えドラマ版もラストまで観終わりましたが、
正直、最後の三話分くらいは
いかにもシーズン2に結びつける気満々の展開だったので、
そのうち観なくなる海外ドラマ風になりそう。
(「ロスト」とか、「ヒーローズ」とかみたいな)

小説版の方は、大半の人物がドラマとは別人格でした。
どっちかといったら、私は小説版の方が好きです。

ドラマ版は、最初にバービー(主人公)が殺人を犯してるところから始まっているので、
どうしても感情移入できないままでしたね~。
最近のドラマらしく、
〝やっちゃいけないことをやってやれ〟
という悪臭が途中から漂いはじめましたし。
裏切らないはずの人を裏切らせたり、
死なないはずの人を死なせたり、
とんでもない悪人が心を入れ替えたり、
そういう、『驚いたでしょ?ね?ね?』という、
視聴者を手玉に取ろうとする気配が嫌悪感を生む。

今のところ、ドラマ版でも小説版でも、
共通して嫌いなのは警官のリンダです。
この作品、たくさんの〝物語にとって都合の良すぎる愚者〟がいますが、
リンダはその筆頭と言っていい気がします。
気立ての良い、頭脳明晰で知的な人かと思いきや、
〝自分が疑っていた悪人〟の口車に乗り、
〝自分が信じて頼っていた人〟を
『撃て』と命令されて撃っちゃう愚かさ(ノд`)
小説では、上巻でバービーが投獄されたところなんですが、
ここでも彼女は〝愛する旦那さん〟の言葉を信じず、
無力で貧しいシングルマザーを犯したり、
無抵抗の町民に暴力を振るったり、
病院で銃を暴発させたりする〝にわか警官〟側につきます。
バービーを投獄するための証拠が都合良く出たことを疑う旦那さんに対しても、
『こっちサイド(自分が昨日まで疑い、嫌悪していた連中の側)
につかないと、どういうことになるか判ってんでしょうね』
ぐらいの脅し文句まで吐き捨てます。
なるようなっちゃえ殺人鬼のビック・ジムさんや、
頭パーンなりそうだぜ死体愛好家のジュニアさんなど、
クソ虫のように潰れたらいいのに、
と思えるくらい悪い奴らはたくさん登場しますが、
私はその誰よりも、今のところ、
このリンダさんが嫌いです。

小説版は、悪は徹底して悪として描かれていて、
それはそれで胸くそ悪くなること請け合いでした。
私がこの本をなかなか読み進められなかった原因の一つに、
この、〝しつっこい悪の描き方〟がありました _/>O
上巻だけのことならいいんですが、
善人サイドのエピソードより、悪人サイドのエピソードの方が圧倒的に多いんです。
『お前が女バスのファンだなんて、 こっちは知ったこっちゃねーんだよ!』
と、重くて分厚い本をぶん投げそうになることしきり。
ものすごくネチッこい例え描写と、
異常に多い登場人物を際立たせるための些細で膨大なエピソードが、
私の綿毛しか入っていない軽脳を沸騰させたのです。

キングせんせーの小説は初めてのわたくしなんですが、
どれもこんな感じなんですか?
わたし的には、悪人がフィットチーネ食ってるシーンとか
えんえん読みたくないんで、
こんな感じの作品ばかりなら、もうこれ以上、
この方の作品は読まないだろう、と思うのです。
映像化で簡略化されたのを観れば充分かな…。
「IT」とか、「ドリーム・キャッチャー」とか、
キング原作と知らずに観てた「クリスティーン」や
「キャリー」「グリーンマイル」…。
せめてもっと集中力の続く若い頃に読むべきだった(笑)

明日は図書館に上巻を返却し、
いよいよ下巻に突入します( ̄ー ̄;



トラックバック(0) 
共通テーマ:

今年も乾燥に悩まされる(ノд`) [雑談]


水曜日(15日)までに五百香宅に届いた申し込み分は、
本日発送を終えました。
ゆうメールですので、二、三日中に到着しなかった場合はお問い合わせください。

pixiv(http://pixiv.me/nyoerun)にて、
「ハイキュー!!」影×日の二次創作upしました。
二次は超絶久し振りです。
世間は進撃一色ですが、やっぱり学園モノが一番なわたし。
日向が可愛くてなりません。
あの目、あの目、あの目(*´ -`)
オリジナルとしても読めると思いますので、
よろしかったらチェックしてみてください。

さて、毎年四苦八苦させられる乾燥ですが、
今年は一番ひどい(ノд`)
退院してからずっと唇と口の周りの荒れに悩まされています。
メンタムリップ塗ったり、メンタムそのものを塗ったりしたものの、
唇の周りが赤く爛れてきてしまい、毎日痒いやらヒリつくやら。
とうとう薄皮がピリピリ剥けてきてしまいました。
それで、今日、薬局にて薬剤師さんに相談したところ、
「白色ワセリン」を薦められまして、ヌリヌリ中です。

kansou.jpg


思えば「馬油」なども試してはみたものの、
なにしろ、使用期限が短いのにお高い、というのが悩みどころでした。
なのでこの、BL作家としてはなんとなーく馴染み深い名前のオクスリ、
しばらく使ってみようと思います。

あ、ワセリンの隣は一本で1000円以上もしたアヴェンヌの乾燥用リップです。
ボディ用では、特に肘、踵など、カッサカサになってしまう場所に
アヴェンヌのコールドクリームを使用していますので、
とりあえずお高いと感じつつ、購入しました。
ヒリヒリしないです。

現在、ボディ用はユースキンローション(お手頃)がメイン。
痒みが出たらラナケインを混ぜてヌリヌリ。
わたしはベタベタしたクリーム系が苦手なので、ローションは重宝します。
ただ、ホントにひどい箇所はクリームでないと厳しいですね~
夏の湿気を冬に持ち越せたら…という夢のような発明を期待する毎日です。


トラックバック(0) 

「Love Beast ! ①」pixivにupしました。 [雑談]


pixiv → http://pixiv.me/nyoerun
アクセスよろしくお願いします。

Love Daughter」は「君はロリポップ」でやってみたかったこと満載、って感じですかね~
商業誌でふたなりプロットはなかなか通らないので、
LDでは好き勝手にかましまくっとります。
〝イチル〟という名前は、別のお話で、
男の子だけど不思議な力で女の子になった
内気で人見知りでエッチな子につけた名前ですが、
そっちはもう、どん詰まって(笑)
すごく良い名前だと思うので、解放。

   ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
最近すごくファンタジーが書きたいんですが、
アレは一話完結方式が難しいので困ったものです。
思えば子供の時から、やたらと設定ばかりはつくったものですが、
かぞえるほどしか完結してません。
中学生くらいの頃に書き殴っていたものは、
大半がなにかに影響されていて、恥辱で頭がパーンとなります。
ワープロを使いこなせるようになるまでは、
大学ノートに手書きが当たり前だったので、
ペンなど握らなくなって二十年以上たった今でもペンだこが残ってます。
数百冊あったノートは引っ越しの際と、
断捨離の際に処分して、今はキレハシを残すだけです。

私が影響を受けまくった作家さんは数多くいらっしゃいますが、
中でも文体でもっとも影響を受けたのは高千穂遙先生です。
小・中・高校生の時は、とにかくスペオペ(スペースオペラ)の全盛で、
高千穂先生といったら、その最大級の星ですので(*´ -`)
中学生の私のノート小説には、当たり前みたいにVTOLやレイガンが出てきます(笑)

先日、マンガになった「ウルフガイ」を読みまして…。
中・高校生以降、キャラ作りで影響を受けたのは平井和正先生なんだなぁと思いました。
今読んでも、平井先生の犬神明のストイックさ、
孤高、という意味の持つ明暗は恍惚とさせられます。
それに、私的には青鹿先生がなぁ…。
筒井康隆先生の「七瀬再び」の七瀬に通じる〝女〟らしさと言いましょうか。
なよやかで折れそうなのに、絶対に折れない強靱さは、
男性とはまったく違うものなのだと表現されていて感動しましたねぇ…。
基本的に男性作家さんの描く女性って、違う(-。-;) ってのが多いじゃないですか(笑)
男性は男性で、女性作家の書く男性を違う(-。-;)って言いますしね。
でも平井先生はソレがなかったなぁ。
(個人的な感想です)
青鹿先生のことを考えると、今もちょっと涙ぐんじゃいますね(TдT)

気になった方はマンガから触れてみて下さい。
設定が現代版になっているので読みやすいと思います。
生ぬるい人間関係とかなくて、1か0の厳しさがありますが、
それだけに犬神明が青鹿先生のために孤高であるエゴを捨てる姿に感動します。

   






トラックバック(0) 

2013年! [雑談]


忌明けしました(*゚-゚)
いずれにしても私は通常運転でしたが。

冬コミには行かれませんでしたが、
友人から新刊が完売したことを知らされました。
近年なかったことです、どうもありがとうございました。
通販分は残っていますので、良かったら以下のアドレスに問い合わせしてください。
ioka-n★abox.so-net.ne.jp
(★を@に換えて「通販問い合わせ」というタイトルにして送信してください)

pixivの方もたくさんの人に読んでもらえたようで嬉しいです。
引き続き「優しい悪魔」のシリーズをupしようとおもっていますので、
チェックしてみてください。
pixivアドレス→ http://www.pixiv.net/member.php?id=1835603
1とか2とかつけないと順番わかんなくなりそうですね。
後で修正しておきます。

「優しい悪魔」ってシリーズにするつもりではなく、
元々のフォルダーには「フラワリング」と記してあります。
エロ系の書き殴りをする時の共通フォルダーで、
ページが増えると主人公の名前のフォルダーに移します。
でも今回はなんか「優しい悪魔」って、まさにイヲリっぽいなぁと思うので、
このまま行こうかと思っています。
とりあえずpixivには「優悪」ってシリーズにしたけど、
意味不明ですよね(ノд`)
AZ最凶の悪行は今回の新刊のシーンのとこなので、
あとは結構えげつないけどラブラブです。
どうぞウゲーって思った方は安心してお待ちください(笑)


さて、以下はテレビの話です。

続きを読む


トラックバック(0) 

好きなCM [雑談]

自他共に認めるテレビッ子なので、
CMも結構キライじゃないです。

一番好きなのはサントリーの角のCM。

http://www.suntory.co.jp/whisky/kakubin/cm/index.html

小雪さんのアレです。
背景は九州とか四国のどこからしいですが、
いい場所ですよね~。
このCMシリーズばかりはクオリティの高い画像で残してます。

次は野村不動産のプラウドのCM。

http://www.proud-blog.net/blog/tv_cm/

結構すごい場所で撮影してるみたいですねぇ。
このCMを寝起きに観ると、なんか豊かな気分になれるのです。

そして、たぶん地上波ではあんまり観ることのない、
メナードのCM。

http://www.menard.co.jp/beauty/cm/index.html

深キョンのバージョンが好きです。
これもなんというか、のんびりしていて、
飛ばさずに見入ってます。
光TVのFOXチャンネル「BONES」を録画していると必ず入っているので。

ほかはもう、大体その時のバージョンで色々なんですが、
やっぱりコカコーラのCMは別格だと思います。

http://cocacola.jp/happy/tvcm/

特にいまの「Walls編」は大好き。
やっぱりいくつになっても学園ものが大好きなんですね、私(笑)


トラックバック(0)