So-net無料ブログ作成
検索選択

『X-MEN:アポカリプス』を観ました。(ネタバレ有) [映画]

     
『X-MEN:アポカリプス』
2016年公開作品。

奇しくも『ハンガーゲーム』のヒロイン、
ジェニファー・ローレンスさんが、
今作でもミュータントたちの〝救世主〟的な存在になっております。
ジーン役の女優さんなどもそうですが、
全体的にムッチリ系の女優さんが多く、アベンジャーズより女子率高くなっています。
女子が多いからって、美形が多いとは限らないのが、少しツライところでしょうか。

どこからどう説明するのがいいのか難しいなぁ。
とりあえずネタバレ有は下に置くとして、
ナシのバージョンとして…。

大作としては文句なしのレベルで製作されています。
しかし二時間27分という、狂的な長さを考えると、
その大半がシムシティばりの都市建設〝物理〟に費やされており、
瓦礫が舞い、「僕の古き良きピラミッド~」が乱立し始めると、
もうお腹いっぱいだよ、エリックやめてくれ~ぃ、という気分になります。
また、これまでの二作と比べると、壮大なテーマな割に世界観が狭く、
……まさかここから移動しないんじゃねぇだろうな……
と、思っていたらホントに移動しない、という、ね。

松平健の素晴らしい吹き替えにも関わらず、
たぶん最大の敵であるはずのオジサンも、
「君にチカラを授けよぉ、ホーホー、お礼はいらないよ~」
って感じの人だし、「友達は最初の四人まで」とか、
「世界中のみんなと繋がりたいんだ!」って割には、
コミュ障すぎやしませんか。

これが二時間内の作品だったら、
割とオススメできるんですが、
二時間半となると、もう不要なシーンが多すぎて、
元々このシリーズが好き、という人以外にはキツそうです。
個人的には、ジェームズ・マカボイが好きなので…_(._.)_

以下、
ネタバレ有の感想です。

続きを読む


トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『ハンガー・ゲームFINAL:レボリューション』を観ました。 [映画]

     
ハンガーゲームFINAL:レボリューション』
2015年公開作品。

これが四作目、とうとう終わりました。
一番面白くなかった(笑)
他の三作もつまらなかったけれど、
この作品はもうエンタメである必然性も放棄して、
かなりヤバイほど面白くなかったです。

ただし、いつも注釈するように、
この作品は十代から二十代の夢見がちな乙女の為の物語なので、
ターゲット層以外がゴチャゴチャ言うのは無粋だと思います。

しかしそのうえで、
これはそのターゲット層すら、面白いと思って観たのかどうか。
もともとそうでしたが、とにかくヒロインが何をしたがっているのかよく判らない。
「わたしは××を××する!」
と、毎回声高に宣言するんですが、
毎回、周囲の言いなりになって後悔しては、また、
「わたしはもう××はしない!」
と、宣言。
このループなんですね。
困るのは、別にこの予定調和ってのは、
物語を盛り上げるうえでは問題とは思えない古典的な技法って点です。
盛り上げて、次の段階にグワッとテンションを上げていくには、
単純で簡単な割に上手な手だと思います。
それなのに全体の戦争に具体性がないので、
そもそも君らは何をしているんだね???
という疑問が終始払えないまま、ラストに突入です。
敵と味方のエライ人を両方殺したら全てがOKになって、終わりました。

私は戦争にヒロインをからめる必要はなかったと思います。
『トワイライト』とかはステゴロで草原勝負だったからともかくとして、
『ダイバージェント』とか『メイズ・ランナー』とかコレは、
種族間トラブルを越えていて、いくらなんでもつまらない。
『スター・ウォーズ』とか『ハリー・ポッター』とか『指輪物語』になってしまえば、
十代のモヤモヤ世代に特別なチカラがあって~という厨二物語もいいですけどね。
『ハンガー・ゲーム』に関しては、『風と共に去りぬ』系で良かったんじゃないの?
と思います。
戦争は対岸の火事で、自分は逃げ惑ったり、
家族が犠牲になったり、好きな人が戦争に行ってしまったり、
なんやかんパーティーしたりもするけれど、
最後は破産して「がんばって生きていきます」みたいな。
『フィフティ・シェイズなんちゃら』が当たったことを考えたら、
それでいいと思うんだけどなぁ。
……つまりテーマは性愛と官能だけで、
あとはヒロインたちには無関係の時事問題。

『トワイライト』以降、これでもかという感じで出してきた
ティーン向け乙女映画がちょっとダウンして、
こまめに稼げるヒーロー系が乱発してきましたねぇ。
わたしとしては、まだそっちの方が楽しめますが…。
いつか「これスゴイ乙女系ハリウッド!」っていうのが観られるのが楽しみです。

このシリーズは生き残った者の宿題みたいな作品でした。
面白くはなかったですが、
それでも最後まで観届けようという気持ちにさせてくれるチカラは、
やはり強いものがあったと思います。
興味のある方は、なんの期待もせずに、
むしろマイナスからの視点でシリーズ一作目から観てください。
期待しちゃうよ! という方は観ない方が吉です。


トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

タブレットから(ФωФ) TWD.S7 ネタバレ感想 [ドラマ]

いやぁ(;´_ゝ`)  つまらん(笑)
どうでもいいキャラの人間ドラマがえんえんと!
つまらない!

人間ドラマがあるのは否定しないけど、
長いッ!
カタルシスを高めたいというより、
もはやネタ切れで、可哀想な人を増量しては、
いたぶってコロスという無芸な方針のようで、
ニーガンもただのガイキチでカリスマを感じられず(;´_ゝ`)
個人的には総督を薄めて変態度を増量してるだけなのが、
つまらない!

ただ、私の場合、もうあそこまでの人間ドラマは
面白いとは思えないので、
素直に飛ばし見してるから、
感想としては信用度低いです(=_=)

今日観たep7はカールがメインだったので、
彼だけが唯一の希望の星だなぁと、
肌の艶感、唇の赤さなど、ウットリ満喫。
それだけに、ニーガンの三下感がたまらなくイヤ。
お好きな方はスミマセンm(__)m
ケビン・ベーコン好きの私でも、
ドイヒーと感じて途中でリタイヤした『フォロイング』も、
好きな人はいるみたいですし。
ニーガンラブの方もいるでしょう(._.)
しかし、
残虐描写の限界を感じてるからって、
赤ちゃんをそれっぽく登場させるのはやめてほしい(-_-)
あのシーンだけでウンザリする。
私が観たかったのはゾンビで阿鼻叫喚の世界であって、
人間の狂気とかはダラダラ観たくないんじゃ。
なんつーか、振り返るとプリズン編から終点集合編までが
至高だったのだなぁ。
ダリルはあと20キロくらい減量しなきゃ……

そんなわけで、タブレットからで、
画像も掲載出来ませんでしたが、
カールは女子がハァハァしちゃう系の
美少年に絶賛成長中なので、
シーズン7はそれを楽しみに、チェックは続けます(ФωФ)ノ





トラックバック(0) 

SPNのグダグダ話(タブレットから) [ドラマ]

『奥様は悪魔、旦那様は天使』は3までupしました。
SPNはS11をポイント使用で飛び飛び視聴。
以下、ネタバレ有のグダグダ。
C/Dじゃない人やアマラ好きは
読まないほうがいいと思います。









今日ep18を観ました。
う~ん
ダークネスのゴタゴタ回は飛ばしたので、
アマラへの感情移入がいっさい出来ません(;´_ゝ`)
ディーンと好きあってるのかな?
そこらへんも、全然解らなくて、
いや観てないんだから当然なんですが(笑)
ゲストのデルフィーヌの方がかっこ良かった。
私は普通にチャーリーが好きだなぁ。
ミルズ保安官とか。

ミーシャが楽しそうにルシファーを演じてて、
このキャラ、ウィンチェスター兄弟以外は太刀打ち出来んだろう、
と終始一貫感じました。
ミーシャ出てくると、
兄弟の感情が爆発するのは相変わらずで良かったです(=_=)

思うに、キャスの行動を“一人間”として認めてるのは、
既にサムかなぁ。
ディーンにとっては基本、
真夜中の公道で何もせず四時間待ってる
無垢な天使のままなんだろう。
今のキャスは、四時間の間に何ができるか、
ディーンのためにどう犠牲になるか、
一人で出来るもん状態を色んな連中に利用されちゃってる。
ディーンはそれが面倒で仕方ないんだけど、
やっと『全部俺のためなんだ』って判ってくれたみたいで、
それは良かったなぁ(^_^)\('_')
サムを最期に任せたのも、
なんとなく、キャスは間ッ子なんだなぁ、
と思って面白かったです。
腐目線で言うなら、兄嫁なんだけど(笑)

エイプリルとの例の体験とか、
今回のアマラとか、微妙にひよる製作陣には、
ちょっともやッとなるので、
『メインキャラはホモじゃないぜ!』
(聖闘士星矢でググってみてね)
みたいな、興趣を削ぐような不自然なエピソード入れは
もう、やめて欲しいなー。
別に本編でそういう直接行為を描けとは言ってないんだし。
私なんてもう、ディーンが「キャス!」って呼ぶだけで
キュンとくるし、
キャスがディーンを見てるだけで妄想してる病人だから。

ちょっとまたぶっ倒れ中なので、
書き終わってる夫婦の4は今週末にでも。
自分でも楽しい作品なので、
同好の士はぜひ読んでみてくださいm(__)m



トラックバック(0) 

SPN二次小説『奥様は悪魔、旦那様は天使』upしました_/>O [情報]

奥旦.jpg
『奥様は悪魔、旦那様は天使』

pixiv→https://pixiv.me/nyoerun

すみません(T-T) すみません(T-T)
そんなつもりはなかったのに、突然SPNって……
自分でもびっくり_/>O
ホントにそんなつもりなかったんです。

だってSPNといえば兄弟のナニとして有名だし、
そもそも私が観ていたところまでだと、
「兄貴うるせー、弟とっぽい、親父うざい」
という(すみませんすみません)感想しか持ちませんでしたし(-_-;)
いや、今でもホント、なんなの……

それがなんやかんや、
「あのクォリティでS12まで続いてるの!? なにゆえ!?」
という疑念から、なにやら地味な天使がムニャムニャで……
とりあえず天使が出るとこまで観たような観てないような。

それで4を観てみると、いつかは忘れたけれど、一話は観ていたと判明。
今になって見直してやっと、
「あっ、コレ天使だったんだ!」
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
……馬鹿じゃないの、わたし……_/>O
理解力がない!

とにかくS3までが好みでなかったんですね。
イマドキ女子向けのバフィーか、みたいな。
(バフィー大好きです)
それで、なんとなくS3の後半から脚本が練られ始めている感じは受け取りつつ、
どうしてもハマらなかった。
S4の第一話『天使降臨』は、今では何度も見直すくらい、
すごくよく出来ていると思うし、いかにも現代天使らしい、
(『コンスタンティン』とか『レギオン』とか、わたしの大好きな系統)
驕慢と多次元感がバリバリなんですが、
当時は『またわけわかんない悪魔か』と思い込んで、
(ながら観をしていたのは明白)
それきり観なくなっていたんですねぇ……

ちゃんと天使だって理解してからは、
S4をしっかり観て、S5で止まらなくなって、
(今のところS5が一番好きです)
S9まで観るのにどんだけ時間かかると思ったら、
見終わっていました_/>O

それからキャスのエピソードを見直したり、
アホのようにガブリエルの悪戯ボックスの話をリピートしたり。
(S8「マンガチックヒーロー」で
ディーンが一トンハンマーをキャスに持ち上げさせるのも好き_/>O
S8はディーンが完全にキャスを〝俺の天使〟扱いしているので、
各所に腐人を釣る罠がしかけられているのが美味い)

まぁ、くわしくはまた後日として。

シリーズがまだ続いていて、キャスもディーンもこの手のドラマの特性として、
同じ苦悩を何度も何度も味わってるわけです。
裏切ったの裏切られたの、信じてるの元彼だの、特別な絆だの('_')
それでとにかく頭の中で第三者視点のつぶやきが、
天使ラジオのごとく夢の中まで追ってくる(T-T)
嘘世界でいいから幸福な二人が見たい、どうしても。
そう思ったら夢家族ができてしまってたわけです。
すみません、すみません。
もうほんと、こういうの自分が書くと思わなかったので、
いつか恥ずかしくなったら下ろすと思いますが。
それまでは同好の士だけでも読んでくださいm(__)m

ちなみにキャス×ディーンです。
(エッチないですが夫婦です)
わたしの中では、キャスがウィンチェスター家の嫁なんですね(^^;)
サムはいつまでも思春期の弟みたいなもので、
ディーンにとっては絶対的な存在だから、
ヒエラルキーではサムより上はいない。
死んだオヤッさんですら、〝死んだ〟ってことで完全に卒業しちゃってる。
この〝死んだまま〟ってのが、
ディーンにとっては結構どうでもよくなるポイントなんだと思うんですよ。
キャスは平気で三回くらい(たぶんこの先もずっと)生き返っていますからね。
ディーンが求める限り、(即ち視聴者が求める限り)キャスは絶対死なないのがすごい。
S6以降からサムもキャスとディーンの関係の上に成り立つキャラが完成して、
それが〝キャスは兄嫁〟化だと思うんです('_')
キャスはディーンの中でサムと並ぶくらい愛する人になったり、
クラウリーより下のクソムシになったりしてると思います。
でもディーンの中でそんなに乱高下する人って、キャスだけなんですよね。
サムとは喧嘩もするしモメるけど、絶対的な弟ポジがあって、
それは決して揺るがない。
キャスと会うまで、ディーンにはたぶんそれが愛だったと思うんです。
ベニーとすら、すぐに気が合って、好きになったら一直線でしたし。
サムのためにベニーとは別れていましたけど、
キャスとはもう、好きになったり嫌いになったり、
家族になったり憎んだり、酒に逃げたり自分をゴミ扱いしたり、
いやもう、S1の頃のただウルサイばかりの兄が嘘のよう。
瞳を潤ませてキャスの名前を呼ぶディーンは、
幸せにしてやりたい兄ナンバーワンだと思います。

今年に入って、次から次に洋画沼の罠にハマッて……
本当に自分でも溺れやすいと思うのです。
二次創作に関しては、一定量吐き出してしまうと落ち着くので。
どうか生ぬるく見守ってください。

『凍りつく花』も同時進行しています。
ちょいと遅れはしますが、書いていますので、大丈夫!


トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ