So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

生涯でオススメする映画・第二弾『エイリアン2』 [映画]

      〈エイリアン2〉

監督は当時まだ無名に等しかったジェームズ・キャメロン。
主演は当然、シガニー・ウィーバー。
個人的には『ターミネーター』のカイル役、
マイケル・ビーンが屈強な海兵隊員として登場してくれたのが嬉しいです。

実はこの映画を「観て」と強く薦めるのは難しいのです。
なぜなら公開年が1986年、つまり32年も前の映画だからです。
ただ古い、というなら問題ないんですが、
キャメロン監督のこの『エイリアン2』と『ターミネーター』は、
この手の映画の拭いがたいお手本になってしまっているんですね。

たとえば倒しても倒しても、印象的なテーマソングと共に敵が襲ってくる、など、
この作品以前にはありません。
いや、もちろん二、三回ならあるんですが、
決まったアンコールのように、
「どうせあと二回は出てくるんですよね」
という予定調和しかなかったんです。
しかも、戻ってきた時はボロボロで、
たとえば、倒したと思ったら「う゛わ゛~」と起き上がったので
パンッ、と撃ってエンド、とか。
ところが『エイリアン2』では、「また来ました」のたびに強い。
味方はどんどん減り、弾薬は狂乱するほど撃っても間に合いません。

この作品では敵はエイリアンだけでなく、
これもその後の映画の多くに影響を与える、
〈裏切り者の人間〉〈どっちにつくか判らないAI〉〈爆発を制御できないスゲー燃料炉〉
など、生き残ったメンバーの悩み事が時間をおうごとに増産していきます。

そして、これものちのち、ホラー系だけでなく影響を与えることになる、
〈絶対に守らなくてはならない愛する者の存在〉
ですね。
この、ある種の足かせがつくことで、
人々は単純には逃走できない。
なぜなら人間だから、愛を振り切れないのです。
愛を振り切る裏切り者の存在は浮き彫りになり、
愛を知らないはずのAIでも、
我が身を犠牲にする人間の姿に、初めて〝愛の形〟を見るのです。

たぶんこの作品を予備知識なく観た人がみんな思ったであろう、
ラスト前の燃料炉での闘い。
これはエイリアンの女王(母)VSリプリー(一度は子をなくした母)
のステージなんですが…。
ここに至るまでには「もう死ぬ」「もう死ぬ」ということがありすぎて、
実際、海兵隊の生き残りはもうたった一人(死にかけ)だし、
逃げようと思えば逃げられる状況にまでなったところで、
愛する者を奪われるわけです。
これはフィクションだし、
あと十分足らずで燃料炉ごとエイリアンの巣もなくなるんだから、
「もう逃げてくれよ」
というのが観てる者の本音なわけです。
実際にその状況になったら、「あなたならどうしますか?」
という究極の問いかけですよ。

さて、これでこのクライマックスは終わりません。
もう一山あって、それがまた高くてしんどい。
ぜひヒィヒィしながら確認してみてください。
頂上の眺めは絶景ですよ。

エイリアンにはいろいろ素晴らしい点がありますが、
何より、造形美の美しさがあります。
ギーガーのデザインはすべてにおいてグロテスクで、
どことなくSMのラバーを思わせてエロティックです。
ギーガーが関わらなくなって以降の作品のひどさは、
エイリアンという作品がいかにデザイン重視されていたかを想像させます。
(個人的に『エイリアン』はそもそも1と2でも別作だと思っています)

始まりから徐々に昂ぶり、
いったん登場してからはエイリアンとの戦闘のみとなるこの作品。
いろんな映画の教科書、お手本、となったことで、
かえって観にくくなってしまったのが残念です。
どうしても、「どっかで観たことあるなぁ」と思わせてしまうので。
でもこの作品が間違いなく異生物ホラーとしての傑作、
金字塔であることは間違いないので、
「怖いんじゃないの?」
「グロいんでしょう」
と、敬遠して観てこなかった方は、ぜひ生涯に一度、ご覧になってみてください。




共通テーマ:映画

『IT』と『スプリット』を観ました。 [映画]

     
『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』

評判通り面白かったです。
ただ評判通り、なんで変な副題をつけたのかは謎でした。
内容を判りやすくしているわけでもないし、
怖さがふくらんでいるわけでもないし('_')???
副題ナシで、観客が『このバケモノ、どういう奴だろう?』
と感じても、それでいい映画だと思うんですが。

子供たちがみんな可愛く、
特にジョージーの可愛さには胸が痛みました(T-T)
ホラーとしては、大人を震えさせるものではないですが、
子供は充分に怖いだろうなと思いました。
和製ホラーがそうであるように、
今作の世界観もアメリカのよくある原風景なんでしょう。
『あるある、こういう廃屋』
とか、そう感じながら身近な恐怖を覚える作品だと思います。
日本人には怖いというより、
〝よく出来てんなぁ〟
と感心してしまう点がたくさんなのではないかな。

個人的には何度もテレビ版を鑑賞しているんですが、
そちらも怖いというよりは〝よく出来てんなぁ〟と感じます。
これは恐怖表現がではなくて、
やはり『スタンド・バイ・ミー』から連綿と続く、
キングさんの生々しい人間の心の描き方、という意味での話。
あまり評判はよくないですが、
私は『ドリーム・キャッチャー』も好きです。
たとえどんな強敵(イジメっ子や敵対宇宙人や怪物や)がいたとしても、
友達がいてくれたら大丈夫という。
なんか、そういうのって憧れですよね。

惜しむらくは、子供たちの恐怖体験、
つまるところペニー・ワイズを丁寧に入念に描きすぎたため、
途中から、せっかくの重要シーンも冗長に感じてしまう点です。
特に井戸を見つけて突入する頃には、
子供たちの悲鳴にかなり疲れていました。
すごくよく描かれていて、演技も素晴らしかっただけに残念。
よく描けているからこそ、
製作側が切りたくないだけで長くなった、というのは、
わたしの中ではマイナスポイントです。

この作品が更に27年後の決戦編に向かうのは、
すでに知っているので、
そちらは大人向けに演出されるのか、
ちょっと楽しみです。

恐怖体験を求めるより、
最先端映像と演出の融合に浸るのが大人の見方かと思います。
話が面白いのは言わずもがな。
どの程度だろうとホラーは苦手、
という人以外にはオススメのA級作品です。


     
『スプリット』

公開後、良い意味でも悪い意味でも全然話題にならなかったから、
あかんのやろなぁ~と思いながら観たら、
案の定、あかんかった作品(^^;;

もともとシャラマン監督の作品には好き嫌いが多くて、
わたしは『シックスセンス』つまらん、『ヴィレッジ』面白い派です。
少数派ですね(笑)

しかしこの作品はどちらとしても身を引いちゃう感じかと思います。
オチが2000年の『アンブレイカブル』に引き継がれていますが、
今作と繋げて作らなかったら、
結局は書き殴りの同人誌みたいになってしまいそうです。

シャラマン監督一人で『アベンジャーズ』を作りたがっている、
そんな感じの作品になっていました。
だからサイコっぽい宣伝の仕方や、方向性はまったく嘘つきでズルイ。
『アンブレイカブル』の時もそれで怒られてたのに、
またやるんだから懲りないなぁ。

『アンブレイカブル』は面白かったけれど、
今作はちょっと、というか、かなりつまらないです。
というのも、宣伝でもバンバン出してきた
多重人格という設定が、無意味だからです。
本当に意味が無い。
普通に精神病患者を複数出せばいいだけで、
(それで全員同じ妄想に取り憑かれていればいい)
マカボイの演技力の無駄遣い(-_-;)

『アンブレイカブル』を面白いと思った人に、
少しだけオススメかなぁ。
あとの人はたぶん見終わったら怒っちゃいそうな映画でした。
……てゆーか、つまんなくて観るのやめちゃうかも(^_^;)




共通テーマ:映画

『オリエント急行殺人事件』と『キングスマン ゴールデンサークル』を観ました。 [映画]

     

『オリエント急行殺人事件』

旧作もテレビ版も観ているし、
原作も読了している傑作ミステリー。

うーん、でも今作はギリアムがお金のためにテキトーに作ったみたいなのと同じで、
力のいれどころが違うように感じました。
原作自体がミステリーの教科書的作品なのに、
この映画を観ても、とりあえず〝謎解き〟という醍醐味が感じられません。

ミステリーなので、犯人がわかっていて観る、
というのは、他の、ネタバレを知りつつ観る、
というのともちょっと違う気もしますが。
とりあえず、その解答部分が判りにくい。
登場キャラが多いので、初見の人には意味不明のキャラが半分くらいいたのでは。
へたしたらもっとかも。
作ってる側も、『どうせ観る人、ネタ知ってるんでしょう?』
とか思いながら作ったのかなぁ。
初見のつもりで観ると、もともとかぶりキャラが多いので、
(家庭教師と乳母とか、妹が貴族とか祖母も貴族とか、親戚の男とメイドの恋人の警官とか)
誰がどの役回りだったか、原作知らない人にはわからないまま話が進むのでは?

特に、実際の犯行が行われた夜のゴタゴタは、
なぜそんなことをしたのか、
どうしてそうなったのか、
あまりに説明不足で適当すぎる気がしました。
それぞれの過去の事件の語りが弱いので、同情要素が薄れています。
過去に同情するからこそ、
現代の事件の××もやむなしという結末が待っているのに。
〝あのポアロがオリエント急行を降りる!〟
という、ただ一点を推すには、
アクションも貧相すぎましたね(-_-;)

個人的には、テレビ版の方がまだよくできていたし、
エンディングも良かったと思います。
今作は名作である原作に甘え過ぎている気がしました。
あと、ジョニデとかお芝居に手抜きすぎ_(._.)
扮装だけ凝られても、わたしはちょっと、イマイチと感じてしまいました。

お金を払って観るなら旧作の方がいいと思います。
俳優さんのファンとか以外は、
ミステリーファンにも面白みが薄い作品でした。


     

『キングスマン ゴールデンサークル』

期待して観るのではなかった続編 _/>O
いわゆる俳優ファンのための映画になっていて、
物語そのものの表現は微妙になってしまっていました。
同じショットが何度も出てきて
(たとえばポピーランドの入り口から奥へのカットとか、
ハリーの入院個室とか)
制作費の少なさゆえというより、前作と違い、
アイディアと情熱の欠落を思わせられました。
ポピーランドでのアクションが、
前作の教会での狂気のアクションに相対するのだろうけれど、
まったく及びもつかなくなっていたのも、嘆くしかない。
前作もPG12だったと思うんですが、
流れるようだった対人アクションが、〝普通〟クラスになっていてガッカリ。
作らない方がよかった続編なのかもしれません……。

三作目が作られたら、きっと観てしまうのだろうけれど、
一作目から合わなかった人は、
『アベンジャーズ』同様、俳優に興味がなければもう観ないでしょう。
一定のクオリティはマークしているので、
俳優陣に好きな人がいるファンなら、オススメです。



共通テーマ:映画

Twitterにあげた『名刺代わりの映画10選』ネタバレ含む [映画]

タブレットからあげてまっする。

     
『エクソシスト』
最近の若いもんはホラーの金字塔を未視聴らしい( ´△`)
私は凄く恐い映画のイメージが強くて、
長いこと観ていませんでした。
でも個人的にはこの映画、
ホラーというより悪魔とのバトルもの。
恐さより神父たちの激闘、
信仰が力になるという、
日本人にはなかなか理解しがたい宗教意識を教えられます。
怖そうで観てない、
グロっぽくて嫌だと敬遠してきた方には、
ぜひ変化球バトル作品としてオススメします。



          


共通テーマ:映画

『エイリアン コヴェナント』観ました(ФωФ) タブレットから [映画]

     
『エイリアン コヴェナント』

吹き替え版ですが、『プロメテウス』時のゴーリキショックはないです。
以下、ずさんながらネタバレ含む感想。


『エイリアン』無印のリブートだと思っていたら、
まったく違って、
正しく『プロメテウス』の続編でした。
新しい作品にも関わらず、真っ暗場面がほとんどの上、
『プロメテウス』っぽい環境映像から、舞台まで同じに見えます(T_T)
バトルシーンがほとんどなく、ワーキャー映画としてはつまらないので、
『エイリアン』無印[→]『プロメテウス』
のリドリー・スコット二作品は必ず観ないと、
今作は???です。
また、無理に続編に繋げたのか、
同じ場面が間違い探しのように何度も出てきます。
すーぐ誰かしら孤立するので、
人を探してウロウロ、ずーっと。
音楽かけてシャワー浴びてイチャついて殺されるとか、
『エイリアン』というより『13金』だよ( ´△`)
映画の大半、狂ったロボの研究室を見せられていた感じですし(>_<)
『プロメテウス』も退屈なシーンが大半だったですけど、
後半は凄く良かったので、「やっぱりリドスコ!」
なんて思っていたのに……。
今作は『エイリアン』としてはかなりナニでした。
好きな監督、好きなシリーズだったので、
レンタルしたのですが、それほどでもないという方は、
アマプラになるのを待った方が良いかと……。
好きな俳優が出てる、という方以外には、
オススメ作品ではありません。


共通テーマ:映画

アマプラで『マグニフィセント・セブン』『ミュージアム』を観ました。 [映画]

     
『マグニフィセント・セブン』

どうしても『七人の侍』には及ばない、
と感じてしまう。
でも今の日本人にだってあれは作れないんだから、
それでいいのかもしれない。

いわゆる最近のハリウッドらしい、
歴史に残すような、
「これが作りたいんじゃ!」
という作品ではなくて、
家族連れでモールに来てシネコンでお金落として欲しい、
という作品なので、
「ここがスゴイ!」
というのがない代わり、クソ映画でした、
ということもない。

敵も味方も農民も金鉱も、
何もかもすべてが薄味無個性。
暇な人向け、とこれほどハッキリ言える映画もめずらしいかも。
でもホント、ハンサム俳優多かったし、
案外女子向けなのかもしれません。


     
『ミュージアム』

電子版で原作が安かった時に読了。
『セブン』と酷似した設定を非難されているようですが、
私はそれほど連想しませんでした。
『セブン』観たのが20年以上前なので記憶が曖昧(-_-;)
フィンチャーの中では嫌いな方の作品ですし。

ドラマ『BORDER』の主人公っぽい小栗旬さんは
誠実で悪くなかったと思います。
ただ物語そのものが????

以下ネタバレ有

犯人が語る動機らしい動機は、
「僕の悪意の博物館」の制作、らしい。
でもそこに共通性が薄い。
たとえば幼女をレジンで固めて殺すのは、
性的な匂いが強く漂っています。
でもヒキコモリの肥満成人の肉を切るのは、
あまりに幼女と性的嗜好が異なりすぎてる。
性的嗜好を動機から外すとするなら、
小栗君をじかに苦しめている時、
あまりにもはぁはぁしすぎだし。

端々に韓国猟奇ものの気配を感じましたが、
どうしても美的センスがない。
雨のシーンにも感情的な表現が表わしきれず、
それがもったいない!
雨のせいで鑑識や捜査班が厭がってるとことか、
雨のせいで街が暗く澱んでるとか、
描ける要素はあったと思うんだけどなぁ。
雨を強烈に描くことで、ラストの陽光が生きてくるんだと思うし、
うーん……
でも、まぁ、すごく頑張って作ってる感はしました!
話はどっこいとしても、
『クリーピー』よりは画像から伝わる美意識は強かったです。
またこういうのを作って欲しいな。





共通テーマ:映画

アマプラで『デッドクリフ』を観ました。 [映画]




間が空いてしまってすみません。
まぁ、ご想像通りの体調です。
もう少し治療の方向性がハッキリしてから、
またちょろっと詳しくご報告したいと思います。

     
『デッド・クリフ』

なんやかんやでAmazonプライムが一番ラインナップ豊富かなぁ。
『デッドクリフ』はオスメメの中からずっと消えなかったので、
いかにもつまんなさそうでしたが、思い切って。

うん、つまんなかったです(^^;;
一時間半なので、それは救いではあるんですが、
アタマ三分の一が〝山ってこわ~い〟で、
真ん中三分の一が〝嫉妬ってみにく~い〟で、
結局ラスト三分の一が、ようやくサスペンスホラーっぽくなるわけです。

しかしこれは個人的な見解なんですけど、
フランス映画ってアクションの〝カタ〟を組まないんですかねぇ。
すっごく見にくくて困った。
普通のケンカみたいになっちゃってて、
抱き合ってゴロンゴロン、みたいなシーンが多いのです。
武器を掴んでは落とし、拾っては落とし(-_-;)
悪漢はたった一人ですが、山育ちの巨漢です。
罠をかけた大人の男を平然と家に引きずっていく力の持ち主。
アクションになるとステゴロタイマンで腹をエイエイッと殴ります。
うーん(-_-;)

あとヒロインは美人なんですが、
お前守備範囲が広すぎるだろ、ってくらい、
元カレ(気弱・登山経験無し・見るからにひ弱)と
今カレ(自信家・スキンヘッド・長身マッチョ)が違いすぎます。
そのうえ、このカレシ、両方ちっとも優しくない。
普通気弱な方は、優しいとか精神的には強靱とかありそうなのに、
ナイです。
そしたら元カレが実は「俺を盾にして逃げろ」くらいの勇敢さかと思ったら、
そういうのは特になく。
「カノジョに何すんだー!」
みたいなのはあるんですけどね…。

でも実際のところ、
このカノジョ、かばってもらうだけの価値があるようにも見えない。
美人だし、言ってることもマトモそうだけど。
命がけで逃がしてもらったのに「今カレを探しにいかなきゃ」とか、
いや、それはお前一人が探しに行くならいいけど、
元カレに言うこっちゃないでしょ。
「わたしは今カレを探しに行くわ、あなたは逃げて」
なら良かったのにね~

どのキャラも感情移入できず、
という点ではさら~りと終了できる作品でした。
多少字幕を飛ばしてもまったく問題ありません。
アマプラ会員で、しつこくオススメされてる方にオススメです(笑)




共通テーマ:映画

『22年目の告白─私が殺人犯です』を観ました。 [映画]

……近況……
連休明けにカテーテル検査で入院しますが、
二泊三日で戻り予定です。
糖尿はまだ節制次第で回復しそうです。
ご心配おかけしましたm(__)m

     
『22年目の告白-私が殺人犯です-』
2017年公開作品。
原作は韓国映画の『殺人の告白』
↓ こちら
     

二時間で終わらせたのは邦画としては素晴らしい。
半分までは原作にかなり忠実に作ってあるけれど、
途中から登場人物の変更などが始まり、
そのあたりから怪しくなってくる。
『MONSTERS』もそうだったように、
表現がしだいにありきたりになっていってしまい、
この物語のキモ、この物語のハラハラ感などがスーッと消えてしまう。
俳優陣がこれまでになく頑張っていると感じたので、
よけいにもったいたないと思った。
特に女優陣は、邦画ではめずらしくバッチリ化粧などせず、
犯罪被害者を悲惨に演じてくれていた。
予算的な問題での尻つぼみ感なのかもしれないが、
邦画の犯罪映画としては、これまでになく良作だと思うので、
あまり大きく期待せずに観ると良いと思います。

また、個人的にポイントアップだったのは、
何をしているのか判明しにくいほどの暗闇が多用されていたこと。
雨天シーンはどうしても韓国版に軍配が上がるが、
今作はかなり暗闇と光の表現が犯罪を描くのに活用されていてGJ。
日本でも映画撮影にいろいろな地域が積極的になってくれたらいいのだけれど、
谷根千とか、都内でもサスペンスアクションに適した地形はあるのになぁ。
どうしても平坦でいつも同じような景色になってしまうのが、
邦画の難点(;_;)

以下、ネタバレ有りの感想続きます。





続きを読む



共通テーマ:映画

『哭声/コクソン』を観ました。 [映画]

     
『哭声/コクソン』
ナ・ホジン監督作品。

長い!
二時間越えです。
それでも肩を落としてしまう邦画より、
長さに説得力のある出来です。
もちろんいらない部分も数多くありましたが、
それらを含めてラストへ向かう説得力が強い作品です。

特筆すべき一つ目は日本人俳優としても有名な、
國村隼さんがメインキャラクターとして配役されている点。
あまりセリフはありませんが、
重要キャラクターとしてはかなり韓国俳優陣に溶け込んでいたと思います。

二つ目の特殊な点は、結論が出ないことです。
ハッキリした解答はないので、
モヤモヤが残ることになります。

ホラーではありませんが、
ある種、ホラー色が強いです。
グロテスクな描写や意味深なシーンなど、
〝よくわからないもの〟が苦手な人にはオススメしません。

これらを踏まえた上で、
あらすじなどを読み、
ネタバレなしで観るのが最上の鑑賞法じゃないかな。
個人的には、良作ではあるけれど、
長い、という点と、全体的に悪意が優る点でマイナス評価です。
同監督でも、
人間味のあった『チェイサー』をオススメしたいですね。


以下、ネタバレありのわたし的な見解。



続きを読む



共通テーマ:映画

ノーマークだった『プリースト~悪魔を葬る者』を観ました。 [映画]

     
『プリースト 悪魔を葬る者』
2015年韓国公開作品。

最近はブームが去ったせいか、
韓流サスペンスの情報がほとんど入りません(-_-;)
私が病気とかなんかのせいで情弱というのもあるんですが、
それにしたってね~

さて、この映画は『チェイサー』でお馴染みの演技派、
キム・ユンソクさんが主演のお一人ということと、
韓国版『エクソシスト』という触れ込みが、
いかにも私好みで楽しみにしていたんですが、
その後はすっかり失念し、気付いたらすでにレンタル可になっていました。

とはいえ、
公開後の話題がまったく聞こえてこなかったので、
ほとんど期待せずに観たら、
エクソシストものとしては
『エクソシスト』『エミリー・ローズ』と並ぶ傑作でした。
『コンスタンティン』的エンタメ要素もあって、個人的に好きです。

…あ、この手のオカルト肯定系がもともと好きじゃないという人には、
本当に受け付けない系だと思うのでご注意。
傑作、と言っても、あくまでも観る人の趣味を選びます。
それも、もの凄く極端に。
「神様肯定系のオカルトはゲボー(^^;)」
という人や、
「ホラーと言っても、そもそも怖くないじゃん(-_-;)」
という人には本当にまったく向きません。
また、主演の一人、カン・ドンウォンは
韓流イケメンスターなので、
「ねー観てみて、かっこいいから観てー」
と若いお嬢さんはお友達に勧めたくなるでしょうが、
この手の宗教作品は、嫌がる人に勧めてはいけません(・д・)ノ
宗教や主義・主張には人それぞれの思想があります。
「私そんなのナイよー」
なんてヘラヘラしてみせる人だって、
実は日和ることで自己主張してるのです。
カン・ドンウォンの神父姿を見るだけでも…、
というなら、写真だけ見せてウットリしましょう。

以下、ネタバレ有りの感想。
(『エクソシスト』などのネタバレもあるので未見の方は注意)





続きを読む


トラックバック(0) 
共通テーマ:映画