So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
アイドル ブログトップ
前の10件 | -

生駒ちゃんの卒業 [アイドル]

今回はアイドルネタなので、
嫌いな方は読まないように(^_^)/



入院している間に生駒の卒業を知り、
自分の中での乃木坂も終わったなと感じました。
乃木坂で推しているのが生駒だけでしたから。

最初からずっと生駒が好きでしたが、
求められているカタチと生駒自身の理想のギャップに、
いつももどかしさを感じていました。
このブログでも何度か書きましたっけね。

私が思うに、生駒は大人から、
今の平手のカタチを求められていたんだと思います。
平手も〝現代の山口百恵〟というレッテルを貼られているし。
おじさんたちはどうしても百恵ちゃんが忘れられないんでしょう。
気持ちは判らなくはないけれど、
生駒は平手以上に我の強い〝男の子になりたい女の子〟だったと思います。

生駒は非常にきれいな少女だったけれど、
その短い少女期を反抗期で終えてしまいました。
可愛いさや女子っぽさ、フリルやレースに髪飾り、
ファンの男性たちがアイドルに求めるカタチを
生駒は激しく拒絶していました。
聞いた話では、握手会でそのことを忠告されたため、
更に反発が強くなったらしい。
そのままの自分を好きでいて欲しい、
そっちの〝好き〟を押しつけないで、という生駒の態度は、
〝お人形〟でなければならないセンターであったために余計疎まれていました。
乃木坂のファン層はAKBのそれより優しくありませんでした。
総選挙がないせいでしょう。
総選挙は残酷ショーではありますが、
それがゆえにファンと推しは苦しみを共感できます。
推されて当然という態度や、
苦しみが目に見えない娘は、わかりやすく嫌われます。
生駒は苦しみが目に見えていたため、
AKB在籍中、総選挙に参加した際、
14位に入ってシングル選抜に参加したほど。
私はずっと、乃木坂での生駒の扱いに納得がいかなかったので、
このままAKBに残って欲しいとさえ思っていました。
でも生駒自身の乃木坂愛は、自分の苦痛を越えるものでしたね…。

生駒がセンターから外れた結果として、
乃木坂は握手会特化アイドルとなり、
接触時の対応が人気の分かれ目となりましたっけ。
キャバクラと同じ方式、
それが悪いとは言わないけれど、
私は乃木坂を見続けることはできなくなりましたね。
松村がやらかしたのも、
握手の売り上げや、エライ人の援助が、
選抜への大きな近道になってからでしたし…。

そうなってからの乃木坂は、
楽曲以外注目していなかったので、
実際どうなったのか、私はよく知りません。
ただ、アイドル誌の代わりに可愛らしい女性誌が、
露出を求めない乃木坂のファン層を集客しました。
グラビアで水着になってもらうより、
ポップで可愛らしいユメカワの世界観を表現してもらうことを、
乃木坂のファン層は好んだんですね。
結果として女性が嫌うスタイルの悪いアイドルが
モデル陣営を侵してしまい、
女性をターゲットとしつつ、
アイドルをモデル起用した崖っぷち女性誌は
いくつか休刊の憂き目をみたようです。

Pの興味が乃木坂に移り、愛着が続いた期間は短く、
欅坂が登場すると、その寵愛はあからさまに平手一択になりました。
乃木坂のアイドルたちはいつの間にか大人になっていました。
幼かった生駒でさえ、成人式を迎え、
あれほど厭がっていた女子らしい服装をするようになり、
少女でなく女性になったと感じさせられました。

平手の登場によって、AKBの珠理奈や咲良は、
更に気の毒な状況になりました。
あまりにも激烈に寵愛が移動したため、
それぞれのグループの楽曲も駄曲が回されるようになり、
MVは〝景色×アイドル×ダンス〟の繰り返しばかりになりました。
選挙曲ですら記憶に残らない楽曲が提供されたのには、
もはや終焉さえ通り越したと感じたものです。
(こうして考えてもタイトルさえ思い出せない。
みーおんセンターの、クソみたいな歌でしたね)
そんなAKBの背後で、
欅坂の楽曲は、いわゆるA面シングルに限らず、
ゾッとするほどの良曲が多い。




『エキセントリック』
1st Album「真っ白なものは汚したくなる」内
コレとか(-_-;)
ものすごくないですか?
もちろん『不協和音』とか『サイレント・マジョリティー』とか凄いけど、
欅坂はピアノ曲が総じて素晴らしいけど、
ちょっとコレは、吐きそうになりそうな本気曲ですよね('_')
P本気だしすぎ。
『大人は信じてくれない』も直球勝負ですごかったですが、
あれも『二人セゾン』がメインで添えた曲だったし('_')



『避雷針』

そんでもってコレですよ_/>O
『風に吹かれても』がメインで、こっちは添え曲ですよ。
完全なる平手を昇華させた当て書きの詩で、
おじさんの本気に血が熱くなっちゃいましたよ。
歌詞の大半が、ラジオでの対談で語ってたことですし(-_-;)
すべて、平手がいなければ成り立たないというのが、
欅坂の弱点ですが。

何が言いたいかって、つまり、
大人は生駒をこうしたかったんだと思うんですよ。
ぶっ壊して、美しくも破滅的なカリスマアイドルに。
平手だって最初は普通の女子だったのが、
みるみるこんなんなっちゃいましたからね。
生駒は周りの声に耳を貸さない強靱な少女だったってことです。

乃木坂は、『ガールズルール』から、
それはそれでいいんだろう、
って方向にシフトチェンジして、
西野にセンターをさせたことで完全に生駒カラーを切り捨てたけど、
その色は今、平手が確かに純粋に継いでいると、
私は勝手に思うんですよ。
だから生駒は、なくした少女期の夢をみなくてもいい、
これからはもっと自分勝手に、生きたいように生きて欲しい、
というのが、おばさんの願いです。

生駒ちゃん、卒業おめでとう。


最後の総選挙 [アイドル]

毎年書いてきたのに、何も書かないというのもね。
寝る前だし、タブレットからで書きにくいけど。

今年、莉乃ちゃんが自分から最後と言おうと言うまいと、
実は私のなかで、去年終わってたんだなぁと。

寿命を削るくらい懸けて二連覇が達成されて、
でも実はもう、それで何歌ったんだっけ? がすぐ出てこない。
がんばっても、AKBのメンバーの顔が判らない。
この、わけわからない子達の真ん中で歌うことに、
意義が見出だせない。

努力しなくても、莉乃ちゃんの姿は日々のなかにあって、
逆にグループがあると端や、年上の組に分けられてしまう。
二位になることで卒業できるなら、
全部ポイして、今のうちにタレント選択してほしい。
そうでないと、座れる椅子が無くなるから。

アイドルがこんな急速に下りに入るなんてね~
あ、莉乃ちゃんではなくて、ブーム自体が。
欅坂にはがんばって生き残ってほしいけど、
このままだと来年はいなそう(=_=)
HKT48はよくできていたのに、
やすすがファンを舐めすぎて駄曲を回しすぎましたね。
思えば、ちょりと谷の移籍から、
少しずつ駄目になっていった気がします。
それでも、じり貧の本店よりはるかに増しなんだけども。

そんなわけで、明日、最後の総選挙です(=_=)


トラックバック(0) 

指原莉乃が連覇して死なずに済んだが、寿命は縮んだ話 [アイドル]


以下、興味のない方にとって、
どーでもいー話が続きますので、
時間と興味のある方だけお読みくださいm(__)m



続きを読む


トラックバック(0) 

なぜ今年のわたしが総選挙の話をしないのか [アイドル]

ssp.jpg

もちろん指原莉乃の連覇がかかっているので、
よろしくお願いしますm(__)m

でもなんで総選挙について去年みたいに騒がないのかと言われたら、
それはね、
『ハンニバル』にゲキハマリしたからじゃなくて、
総選挙曲がクソ曲だったからです。

ああ、言ってやるさ、
声を大にして言ってやるよ、
AKB48の『翼はいらない』はクソ曲です。

あんな曲をこれからも出すなら、
そんな曲のセンターになる意味はあるのか、はなはだ疑問です。
莉乃ちゃんを一位にしてあげたい。
でもそれは女王にしてあげたいだけで、
クソ曲の責任転嫁されるのは心の底から不本意です。

もうほんと、
なんなの? あの曲。
考えるだけで吐きそう。
アイドル曲でもないし、カッコ良くも可愛くもない。
MVもひどい。何もかもダサイ。
お金あるくせしてどうしてそうなの?
馬鹿なの? 死ぬの?
欅坂46で『サイレント・マジョリティー』をヒットさせておいて、
総選挙投票曲なんて、どうせクソでもみんな買うと思いやがって。
誰がなんと言おうと、あの曲はクソだし、
今後『ハートエレキ』や『心のプラカード』よりクソ扱いになるのは目に見えてる。
わたしはクソ曲をミリオンにのせて世間に揶揄されるのが一番つらいのです。
ヲタみんなツライと思います。
胸が痛いです。

というわけで、
わたしは今回CDを買いませんでした。
去年もタイプ違いを二枚くらいしか買いませんでしたが、
今年は一枚も買いませんでした。
(投票はモバイル票でできます)
DLも一生しないでしょうね。
いつ聴くんだよ、あのクソ曲を?
盆踊りの方がまだ需要があるよ。

……きたない言葉を使って参りましたが。
ここ数曲はもう、ほんと、AKB48の楽曲は購入意欲を起こさせるものはなく、
悲しいことに大好きなHKT48の久しぶりの新曲も、
成人式を迎えていないメンバーだらけのグループなのに、
テーマがプロポーズという…。
しかも『しぇからしか』みたいに良い意味ではじけているわけでもなく。

楽曲がクソなのにグループを応援するとか、
わたしの中ではありえない。
莉乃ちゃんが卒業したら、わたしの中の次世代はいないなぁ。
(HKTの娘たちは大好きだけども)
普通に好きな楽曲だけを追うドルヲタに戻りそう。
それってたぶんあっちゃん以前だから、十年ぶりとかだなぁ(笑)

そういうわけで、
今年は重要な年だというのに、
これ以上言いたいことが湧いてこないのです。
これでもし莉乃ちゃんが連覇逃したら、
わたし脱力して死ぬんじゃない?
死にたくないなぁ(笑)


トラックバック(0) 

圧巻のPerfume 『FLASH』 [アイドル]


『FLASH』
最初音楽だけ聴いた時は「うーん?」って感じでしたが、
ダンスシーンで見ちゃうと、さすがに圧巻。
わたしはダンスの良い悪いに関しては技術的なことはさっぱりですが、
アイドルに関しては、とにかくハイヒールで踊ってることが重要。
パフュームがアイドルかどうかは、
異論のある方もあるでしょうが。

ハイヒール、ひるがえるスカート、なびく髪、
キレのある三人の動きも相まって独特の空気感が(´д`)
AKBGがクソ曲を連発している中、
パフュームもここ何曲かはぱみゅぱみゅさんとの棲み分けがなく、
「んん?」が多かったものの、この曲はステキですね。

AKBGの曲は、単純にクソい、というより、
なんかどっかで聴いた曲ばかりなんですよ。
言い方は悪いけど、よそさまの曲っぽいと、
なんとなく〝それはそれ〟と思えるんですけど、
グループ内の曲だと、同じ曲しか聴いてないみたいになってくるんですよね。
欅坂のデビュー曲が乃木坂と同じなのと一緒で、
同じようなフレーズをしつこく繰り返すことで、
グループのカラーを出そうとしているのかなぁ…。



トラックバック(0) 

わたしたちのみるきーが卒業してしまう話 [アイドル]

みるきー こと渡辺美優紀はNMB48のツートップの一人です。
AKB48でいうなら、
かつての大島優子クラスの存在です。

先日 卒業を発表しました。
華々しいコンサートやテレビ番組内など、
特別なシーンでの発表ではなく、
とある普通の日の公演での発表でした。
なんとなく、ファンたちも覚悟していた内容です。
たぶんお膳立てしてもらうだけの日数さえ、
ガマンできないほどガマンしてきた末の、
卒業なんだと感じました。

以下 アイドルみるきーの卒業に関して、
かなりどうでもいい個人的な話が続きます。
どうでもいいと言う方は読みませんように、お願いします。


続きを読む


トラックバック(0) 

むにゃむにゃむにゃ『サイレントマジョリティー』 [アイドル]


『サイレントマジョリティー』
【欅坂46】

あれなんだよな~
もうそろそろアレの時期だから、
ホントはアレなんですよ~
はぁぁぁ_/>O

なんだろうなぁ……
いや、うん、まいったなぁ(´д`)

アイドル好きでヒマな人だけ
続きからお読みくだされ。



続きを読む


トラックバック(0) 

Amazonプライムで『大組閣祭り』を視聴 [アイドル]

     
『AKB48グループ 大組閣祭り ~時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!~』
2014年春開催のグループイベント。
いまだに大まかには誰も得してないこの組閣。
本店、と呼ばれるAKB48、
その運営の傲慢さと強引さが生み出した凋落の第一歩。

アイドル、特にAKBに興味がない人は以下は読みませんように、
お願いしますm(__)m
かなり毒々しい感想です。

続きを読む


トラックバック(0) 

ぱるるのフォトブック「Paru」を買いました [アイドル]

    
「Paru」
意外かもしれませんが、
割とフォトブックは好きな方なんです(笑)
センスのカケラもない人間なので、
既存のセンスを見ないと全くなんにも思いつかないからです。
部屋の写真とかね、色使いとか、見本がないとダメなので(-_-;)
あ、もちろん実生活のお手本ではなく、妄想資料です。

「Paru」というタイトル通り、AKB48のぱるること島崎遥香のフォトブックで、
写真付きとのことで、セブンイレブンで取り寄せ購入しました。
2013年に購入した写真集、「ぱるる、困る。」が凄くよかったので、
結構期待していたのがまずったのか、
うーん、このフォトブックはイマイチでした。
あ、でも、最低限可愛い感じに作られてはいましたよ。

彼女自身の選択している服は、可愛い系ではなくて、
鈴木紗理奈を彷彿とさせられちゃいまして(^_^;)
蛇革模様の太ハイヒールにポンチョと女優帽とか、
PAMEO POSEのハンパない似合い度と比べると、
ちょっとありえないなぁと首をひねるセレクトも多かったです。
(優木まおみとかならアリなんだけど、ぱるるは違うと思うんだなぁ)

最高に可愛かった時期の写真集と
フォトブックの写真を比較してはいけないのだけど、
それでもやっぱりこのフォトブックの写真はセレクトが変な気がします(-_-;)
なぜ同じ紺色のキャミワンピみたいなのを着た
色っぽくもない背中のショットばかりの写真が3Pもあるのか…。
とにかく変なポーズしてる時の写真が多いし。
総じて全身像が短足顔デカに見えてしまうのも…。
あまり下半身のスタイルが良い子ではないけれど、
それにしても全身像をもっとキレイに撮る方法はあったと思うんですが。
実際、2013年の写真は、突然出版されたとは思えないクオリティでしたし。

あとはまぁ、言ってはいけないことですが(笑)
頭がとても悪いのですよね。
AKB系のアイドルたちは学校にろくに行っていないし、
読む本も偏っているせいか、
選択する語句が貧困なうえ、ろくに考えずに発言していることも多い。
だからこそ、成長の度合いもハッキリ判ったりするわけですが…。
フォトブックなのでインタビューページもあったりするんですが、
このコーナー、ぱるる一推しの人しか満足できないのでは(^_^;)
ショートケーキよりガトーショコラが好き、とか、
かき氷365日食える、とか、
おかずクラブが答えていたらぶっ飛ばされそうな解答しかしていません(笑)
少なくとも文字の部分は¥1200の価値はないなぁ。
(ごめん、ぱるる)

ぱるるに興味がある人には、写真集の方がオススメです。
二年前の作品ですが、ぱるる絶頂期です。
(今も写真によっては最高に可愛いと思いますよ)
↓ 「ぱるる、困る。」

     



トラックバック(0) 

HKT48「しぇからしか!」が想像より良曲だった件 [アイドル]



氣志團とのコラボと聞いた時は、
どんな感じかまるっきり想像できなかったんですが、
マジすか寄りの氣志團テイストってことで、
思ってたよりずっといい曲に仕上がってる感( ̄ー ̄☆

莉乃ちゃんの真っ赤なハイヒールが泣かせますね~
銀だこで叱られてるのにニヤニヤしてた頃のヘタレオバカっぷりが嘘のよう。
(2011年の指原の看板番組内にて、世間知らずのヘタレだった指原が、
「銀だこ」でバイト経験をさせてもらったものの、うまくいかず、
叱られているのにニヤニヤしていて顰蹙を買った件。
MCが土田だった為、本気でダメだしされ、
超反省することになった指原が見られる神番組)

よくね~アイドルに興味のない人からは、
言われるんですよ、指原とか、どこがいいのかってね。
わたしは「ココがイイ」とか具体的には言えないんです。
言えるのは、生身のオンナノコ(男アイドルもそうだろうけど)が、
一段ずつ成長の階段を昇っているのを確認できた時の、
なんとも言えない感慨……アレですかねぇ。
ソレが面白い、と感じられなかったら、
いくら可愛いアイドルとかでも、興味は続かないと思うんですよ。
AKBグループ系の成長ドラマって、
マンガよりマンガちっくで面白いですから、
むしろ今までまったく興味のない人なら、
指原成り上がり伝説を調べたら、グッとハマるかもしれませんよ(笑)

でも何度も言うように、わたし、見る目はないんですヾ(´∀`)ノ
それに、あくまでも〝アイドル〟がスキだから、アイドルでなくなって以降は、
生ぬるい眼差しになってしまうと思います。
究極的には、AKB48で一番好きなのは衣装と楽曲(好みの)だけだし、
指原も衣装とか着る必要の無いタレントになったら、
もしかしてスーッと冷めてしまうかもしれませんね。

個人的には、PASSPO☆とか、東京女子流とかの楽曲が好きなので、
なにゆえ売れないのかさっぱりわかんないし(-_-;)

なんにせよ、「しぇからしか!」は良曲っぽいし、
踊りもキャッチーで良い感じヾ(´∀`)ノ
はやく全編MVが観たいです♪

トラックバック(0) 
前の10件 | - アイドル ブログトップ